【藤田 大士】自己集合が導き出す新規多面体群:物質合成と数学的考察

さきがけ研究者

藤田 大士
藤田 大士
東京大学
大学院工学系研究科
主任研究員

研究概要

自己集合現象は、生体分子に匹敵する巨大構造を一挙に作り上げる「ものづくり」の手法として、注目を集めています。しかし、特に成分数が多い場合の制御が難しく、未だ科学者が使いこなせる道具とはなっていません。本研究では、この自己集合現象を幾何学・代数学的に考察し、現象のより本質的な理解を目指します。得られた知見を「設計指針」という形でフィードバックし、分野の発展に貢献します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望