【今岡 享稔】デンドリマー超空間によるクラスター形状誘導と機能創出

さきがけ研究者

今岡 享稔
今岡 享稔
東京工業大学
科学技術創成研究院
准教授

研究概要

高分子がつくる超空間から金属ナノ粒子(特に粒径の小さいサブナノクラスター)へ構造フラストレーションを加えるという全く新しい形状誘導アプローチで、通常の気相や液相合成では得られない特異形状クラスターを選択的に合成します。超空間を介したナノ粒子・クラスターの自在物性制御を実現し、表面積効果の理論限界を超える触媒活性や、本来持ち得ない磁性・発光機能やキラリティなどの未開拓機能発現を狙います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望