遷移金属酸化物薄膜で形成されたメソ空間での固体触媒機能の発現

さきがけ研究者


野村 淳子
東京工業大学 科学技術創成研究院
准教授

研究概要

遷移金属酸化物薄膜で形成された均一なサイズと規則配列を有するメソ空間を構築し、遷移金属酸化物の選択により、空間の親・疎水性制御および固体触媒機能の発現を目指します。空間の親・疎水性の制御により選択的な取り込みと効率的な排出が行われる系を構築します。また、薄膜を用いることにより、バルク表面とは異なる触媒能の発現が期待できます。さらにヘテロ元素を単核で導入し、単離されたヘテロ元素に特徴的な触媒特性を調べます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望