電荷分離空間の創製と革新的機能の展開

さきがけ研究者


樋口 雅一
京都大学 物質-細胞統合システム拠点
助教

研究概要

空間材料して表面電荷が分離した電荷分離空間材料を提案します。電荷分離空間材料は、有機分子・気体分子と特異的な相互作用が期待され、例えば、水素、天然ガス等の吸蔵材料への応用等、次世代エネルギー問題の解決に貢献できると期待しています。新規材料の合成手法開発・機能発現の機構解明、および体系化を行います。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望