研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

  • SDGs11
  • SDGs9
研究代表者名(所属機関) 日本 林 良嗣(中部大学 総合工学研究所 教授 持続発展・スマートシティ国際研究センター長) タイ王国 タナルック ティラムンコン(タマサート大学 知識情報学・サービス革新研究センター所長(教授))
国内研究機関 中部大学、東京大学、大阪大学、香川大学、名城大学、大日本コンサルタント(株)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
相手国研究機関 タマサート大学、カセサート大学、チュラロンコン大学、NECTEC、アジア工科大学
採択年度 平成29年度(2017年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 タイ王国
研究課題の概要

「スマート交通戦略」をベースとしたリープフロッグ型成長の実現
国家理念Thailand4.0のコンセプトのもと、タイ国は今後20年をかけて価値を創り出す経済への転換を目指す。しかし、メガシティ・バンコクの交通渋滞は市民から多大な時間を奪い、温暖化、環境、健康に対するリスクを助長させる。そこで、市民のQOL向上と社会の低炭素化を同時達成する、サイバー技術が支える「スマート交通戦略」による成長を構想し、バンコク随一の目抜通りにSukhumvit Modelとして実装する。

「Sukhumvit Model」によりThailand4.0とSDGsに貢献
Sukhumvit Modelは、人のための経済発展(Thailand4.0)と誰一人取り残されない−No one left behind (SDGs)を目指す都市実験である。道路か鉄道かの二者択一のインフラからの従来の発想ではなく、若者、高齢者など多様な属性をもつ市民のニーズから発想する交通政策へ転換する。そのため、AIを駆使して徒歩〜パーソナルモビリティ〜鉄道など時刻・手段・ルートをシームレスな交通移動の組み合わせが選べるシステムを開発し、豊かなライフスタイルを実現する。

研究実施風景
イメージ1

360°カメラ画像から一般物体認識を試みる

イメージ2

ラッシュ時のアソック交差点は、青信号になっても直角方向の車列がブロックして動けない

イメージ3

バンコク市内を走るトゥクトゥク(三輪タクシー)

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る