研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs11
林 良嗣(中部大学 総合工学研究所 教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 タマサート大学
採択年度 平成29年度(2017年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 タイ王国
研究課題の概要  本研究は、温室効果ガス排出と大気汚染物質、経済機会損失、健康リスク増大の原因となっている途上国メガシティの交通渋滞を、先進国の手法を超えて解決することを目的とする。バンコク全体を視野に入れつつスクンビット沿道をモデル地区として、デジタルアース上にビッグデータや3Dデータなどを統合・可視化することにより、ICTをフル活用したe-スマート交通統合戦略の実装を試みる。また、モノベースから価値ベースへの経済転換を目指すTHAILAND 4.0に呼応すべく、人々の価値観を反映したクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を測り、QOLの対CO排出を表す環境効率ファクターにより、上記交通システムを含めた新しい評価手法を開発する。この手法は、近い将来、急速に高齢化するアジア・メガシティに向けて、SDGsが示す経済・社会・環境に関する公平性・包摂性も評価できる手法を先進国に先駆けて提供する。本研究をタイと日本の若手研究者が共同実施することで、高齢化などの大きな社会変化に対応する人材育成にも貢献する。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る