研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

  • SDGs11
研究代表者名(所属機関) 日本 中埜 良昭(東京大学 生産技術研究所 教授) バングラデシュ ムハンマド アブ サデク(住宅建築研究所 所長)
国内研究機関 東京大学、東北大学、大阪大学
相手国研究機関 バングラデシュ住宅建築研究所、住宅公共事業省公共事業局、バングラデシュ工科大学、アサヌラ科学技術大学、アジア太平洋大学
採択年度 平成27年度(2015年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 バングラデシュ人民共和国
研究課題の概要

耐震診断・補強技術の開発とその高効率な補強シナリオの提案
 バングラデシュは地震活動が活発な地域であるが、首都ダッカは無秩序な都市の高密度化と低品質建物の建設が原因で、世界で最も災害に対して脆弱な都市の一つとなっている。また、建物の設計・施工慣行や構造特性は日本のそれと大きく異なる。そこで、バングラデシュの建物に適した耐震診断・補強技術に加えて、それらを高効率に社会実装するための補強シナリオ策定手法を共同開発し、ダッカの耐災害化を実現する。

ダッカの耐災害化を実現する技術開発で安全・安心な都市を実現
 ダッカの都市・建築を耐災害化することにより、安全・安心な都市と安定的な経済活動のための社会基盤を実現する。本プロジェクトで開発される技術は、途上国の都市・建物に共通の課題を解決するものでもあるため、その世界的な普及により国際社会の安定化にも貢献できる。

研究実施風景
イメージ1

レンガチップが練り混ぜられ、鉄筋が少ない柱

イメージ2

相手国とのワークショップ

イメージ3

低品質建物の重力崩壊

イメージ4

高密度化が進むダッカ市

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成27年度(6,284KB)
PDF平成28年度(1,732KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る