研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

『タイ国における統合的な気候変動適応戦略の共創推進に関する研究』 適応策構築で現在の水リスクも将来の気候変動被害も削減せよ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs13
  • SDGs6
  • SDGs11
沖 大幹(東京大学 生産技術研究所 教授)
国内共同研究機関 東京大学、北海道大学、東北大学、茨城大学、国立環境研究所、東京工業大学、名古屋大学、富山県立大学、京都大学、長崎大学
相手国研究機関 カセサート大学、天然資源環境省天然資源環境政策計画局、王立灌漑局、タイ気象局
採択年度 平成27年度(2015年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 タイ王国
研究課題の概要

超学術研究により観測・予測技術を水災害リスク管理に生かす
 気候変動の進展に伴い、2011年のタイ・チャオプラヤ川における大洪水のような水災害の頻度上昇などが懸念されている。そうしたリスク軽減のため、現地観測や衛星からの地球観測と数値シミュレーション技術を組み合わせた早期警戒情報の提供や、適切な土地利用への誘導、貯水池操作規則の変更など様々な施策を上手に組み合わせ、社会全体の利益を最大化できる適応戦略を政府や市民などと対話を通じて構築する。

適切な適応策の構築と実現に貢献し、近隣諸国への波及にも期待が
 統合的な適応策に資する技術開発および適応戦略共創の手法開発、優良事例の実現、適応分野の人材育成を通じ、タイ国における気候変動適応策の円滑な構築と実現に貢献する。さらに近隣の東南アジア諸国でも適用可能な、気候変動に対する強靭かつ持続可能な解決策を提示する。

研究実施風景
イメージ1

パツンタニ浸水の様子

イメージ2

塩類集積地でのスペクトル調査

イメージ3

農家への渇水被害の聞き取り

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成27年度(1,340KB)
PDF平成28年度(1,340KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る