研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

  • SDGs15
  • SDGs17
  • SDGs12
研究代表者名(所属機関) 日本 野田 玲治(群馬大学 大学院理工学府 准教授) インドネシア アディアルソ(インドネシア技術応用評価庁 エネルギー資源 化学産業技術センター センター長)
国内研究機関 群馬大学、特定非営利活動法人APEX
相手国研究機関 インドネシア技術評価応用庁(BPPT)、ディアン・デサ財団
採択年度 平成25年度(2013年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシアインドネシア(国旗)
研究課題の概要

現地に適した技術で、廃棄物からバイオ燃料をつくりだせ!
 インドネシアでは、アブラヤシ搾油工場等で大量のバイオマス廃棄物が発生しているが、現地の経済的・技術的条件に適した、エネルギーへの変換プロセスがないため、その利用はわずか数%にとどまっている。本研究では、バイオマス廃棄物を、粘土を用いた流動接触分解法によってガス化するプロセスと、生成したガスからメタノール燃料を合成するプロセスを開発する。その実証プラントを設計・建設し、持続的なインドネシア適合型のバイオマス変換技術の確立に挑む。

バイオマスのエネルギー変換技術が、アジアの社会の持続可能性を高める!
 このバイオマス変換技術がインドネシアに普及すれば、国内の雇用創出やアジア諸国への応用・先進国への技術還元等につながる。バイオマスエネルギーの利用を大きく前進させ、温暖化をもたらさない持続可能なエネルギーを供給するものとして、本研究は大きな可能性を秘めている。

研究実施風景
アブラヤシの廃棄物

アブラヤシの廃棄物

粘土触媒の篩がけ

粘土触媒のふるいがけ

バイオマスガス化パイロットプラントの運転

バイオマスガス化パイロットプラントの運転

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成25年度(225KB)
PDF平成26年度(1,231KB)
PDF平成27年度(1,602KB)
PDF平成28年度(3,020KB)
評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ディアン・デサ財団(Yayasan Dian Desa)
特定非営利活動法人 APEX
インドネシア技術評価応用庁(BPPT)

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る