JSTトップ > COIプログラムトップ > 拠点紹介 > ビジョン1 > さりげないセンシングと日常人間ドックで実現する理想自己と家族の絆が導くモチベーション向上社会創生拠点

拠点

ビジョン1 さりげないセンシングと日常人間ドックで実現する理想自己と家族の絆が導くモチベーション向上社会創生拠点

さりげなく日常の中で家族の健康をしっかり管理

プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー 和賀 巌
和賀 巌
NECソリューションイノベータ(株)
プロフェッショナルフェロー
研究リーダー
研究リーダー 末永 智一
末永 智一
東北大学
大学院環境科学研究科
教授
目指すべき将来の姿
さりげないセンシングと日常人間ドックで実現する理想自己と家族の絆が導くモチベーション向上社会創生拠点
拠点概要

生きがいを持って毎日を健康快活に過ごしたいということは、誰もが願うことでしょう。しかし、病気への不安、孤独感、離れた家族の心配などがあり、現実は必ずしも理想通りとは限りません。いつでも、どこにいても、自分や家族の生活や健康の状態がわかり、理想自己の実現に向けた応援支援が得られるさりげないセンシングによる「日常人間ドック」の開発を行います。「日常人間ドック」とは、非接触型センサやパッチセンサ、飲込みセンサ等でさりげなく健康とその要因(生活因子、環境因子)の情報を収集し、体質の情報(遺伝的因子)とともにクラウド上にビッグデータPHR(パーソナルヘルスレコード)として一元管理し、理想自己の実現に向けた励まし、指導、家族の見守り、緊急時の消息確認・連絡救護等さまざまに活用するものです。

研究開発テーマ
さりげないセンサ技術とセンシングシステムの研究開発と実用化
●超小型・生体親和性センサデバイスの開発
●光学的手法でのセンシング技術開発
●生体情報や環境情報を取得するためMEMS センサとその集積化
●体と心のバランスを保つストレスマーカーチェック技術
●超小型の発電・給電・蓄電技術
●体表及び対内通信技術
個人毎の健康状態を把握し評価できる指標に関する解析・予測技術の研究開発
●環境要因および生活要因による健康リスクの評価指標の定義
●選択された危険因子・健康指標のうちセンシング可能性と仕様の提案
●データ取得やエピゲノム解析、シングルセル解析などの技術開発
●疾病原因と考えられるSNP の効率的な同定のための基盤構築
●疾病関連多型探索用の新規SNP 搭載アレイの設計・データ解釈
●センサの社会実装を目指したフィージビリティスタディ
●センシングデータ・ゲノムデータ連携研究
PHRプラットフォーム、ビッグデータ解析システム、データバンクシステムの研究開発
●多様・多重なデータをゲノム情報とともに、シームレスに統合・蓄積し、それらをビッグデータ解析し、PHR サービスと連携させるプラットフォーム開発
●利用者のモチベーションを更に高めることができる行動変容を促す各種サービス開発、個々人のインセンティブが働く仕組みづくり
●日常人間ドック及びPHR データバンクを含むビジネスモデルの開発及び経済的評価と、社会的・倫理的・法的課題に対する解決策の研究
さりげないセンシングと日常人間ドックで実現する理想自己と家族の絆が導くモチベーション向上社会創生拠点
中核機関
  • 東北大学
参画機関
  • NECソリューションイノベータ株式会社
  • 株式会社東芝
  • 日本光電工業株式会社
  • オムロンヘルスケア株式会社
  • カゴメ株式会社
  • 株式会社シーエーシー
  • 株式会社東急スポーツオアシス
  • 三井物産株式会社
  • 生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合
サテライト 東北学院大学
サテライト参画機関
  • 株式会社ライト製作所
  • 株式会社アドバンテスト
  • 内外テック株式会社
  • ジーエヌエス有限会社
サテライト 早稲田大学
サテライト参画機関
  • 株式会社理研ジェネシス
  • 凸版印刷株式会社
関連情報 -
お問い合わせ先
東北大学 産学連携機構 イノベーション戦略推進センター
革新的イノベーション研究プロジェクト
電話番号
022-752-2186
Fax番号
022-752-2189
e-mail
メールアドレス


TOP