地域の子どもが犯罪にあいやすい場所や時間を、科学的に絞り込み。効果的で無理のない、防犯活動ツールやマニュアルを無償提供。

ニーズ
領域・プログラム

研究開発プロジェクト名

「子どもの被害の測定と防犯活動の実証的基盤の確立」

研究代表者

原田 豊 (科学警察研究所 部長) ※終了当時

研究開発期間

平成19年度~平成23年度

報告書

研究開発実施終了報告書(PDF: 4,287KB)

領域・プログラムWebサイト

「犯罪からの子どもの安全」領域Webサイト 原田PJの成果紹介ページ

「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域

 このプロジェクトは、ヒヤリ・ハット事象を含めた子どもの被害と日常行動を時間的・空間的に測定し、被害の情勢や地域社会・住民の特性に即した対策を立案・評価する手法を開発しました。被害情報を収集し、共有するためのポータルサイト『Skre.jp 科学が支える子どもの被害防止』 を構築。地域でワークショップを開催し防犯活動の改善につながった事例も報告され、平成23年度版の科学技術白書でも紹介されました。

GIS参考画像
被害リスクの把握のため、(1)子どもの被害と(2)日常行動を測る2つの「ものさし」を開発。
データをGIS上で重ね合わせると、見守るべき時間と場所が明らかになる

研究開発から生まれた『危険なできごとカルテ』や『聞き書きマップ』をはじめ、効果的で安価に続けられる防犯活動ツールやそのマニュアルは、すべてポータルサイトSkre.jpからのダウンロードにより、無料でお使いいただけます。

被害情報を収集し、共有するためのポータルサイト
『Skre.jp 科学が支える子どもの被害防止』

この成果をご活用ください !

この成果に対するご相談・お問い合わせは、下記フォームよりお送りください。

RISTEXの「持続可能な開発目標(SDGs)」に関する取組み

-->