JSTnews

JSTnews最新号

JSTnewsは、国立研究開発法人科学技術振興機構(略称JST)の広報誌です。

2022年5月号のPDFを見る

2022年5月号

特集
光科学に新たな可能性をひらく 中波長の紫外線半導体レーザー
リモートセンシングで水稲の損害評価 インドネシアの農業保険制度に貢献

PDF一括ダウンロード(PDF:3.7 MB)

P.02新理事長挨拶― 「新たな価値創造」に向け、たゆまぬ改革を

「新たな価値創造」に向け、たゆまぬ改革を

今日の世界は、“新型コロナウイルス感染症の蔓延”や“従前の資本主義の行き詰まり”、そして“ロシアのウクライナへの侵攻”などの多様な問題が表れ、歴史上の大きな転換点を迎えようとしている。そのような状況下における科学技術発展の意義とJSTが果たすべき役割について、橋本和仁新理事長の思いを聞いた。

P.02-03をPDFで読む(PDF:1.2 MB)

P.05特集 1― 光科学に新たな可能性をひらく 中波長の紫外線半導体レーザー

光科学に新たな可能性をひらく 中波長の紫外線半導体レーザー

小型・高効率・低消費電力の半導体レーザーは、波長・位相が制御された光源だ。赤外線・赤色・緑色・青色のレーザーが実用化されているが、近年、よりエネルギーの大きな紫外線領域のレーザーが求められていた。名城大学理工学部の岩谷素顕教授は、独自の半導体技術と新たな手法を駆使し、世界で初めて「中波長紫外線領域の半導体レーザー」を発明した。この成果は、光科学の新たな可能性をひらくとともに、工業だけでなく、化学・環境・医療・バイオサイエンスに至るさまざまな分野の課題の解決につながると期待されている。

P.05-09をPDFで読む(PDF:1.0 MB)

P.10特集 2― リモートセンシングで水稲の損害評価 インドネシアの農業保険制度に貢献

リモートセンシングで水稲の損害評価 インドネシアの農業保険制度に貢献

近年、気候変動による異常気象が、農作物の安定的な収穫に大きな影を落としている。増え続ける人口を支え、今後も人類が豊かに暮らし続けるためには、食料安全保障の維持は早急に解決しなければならない課題の1つだろう。カギとなるのは、再生産能力を維持できる持続性の高い農業体制の構築だ。千葉大学環境リモートセンシング研究センターの本郷千春准教授は、リモートセンシング技術を駆使した水稲の損害評価手法を確立し、インドネシア政府が推し進める農業保険制度の安定運用と普及に貢献する。

P.10-13をPDFで読む(PDF:2.0 MB)

P.14NEWS & TOPICS

NEWS&TOPICS
研究成果
光で細胞を死滅させる新技術
話題 
サイエンスインパクトラボ2021報告書 公開
研究成果
ラフレシア 開花直前に急成長、花芽の8割は枯れる
研究成果
コロナ長期化、日本在住の約40%が孤独感

P.14-15をPDFで読む(PDF:1.2 MB)

P.16さきがける科学人― 未知の世界は可能性の宝庫 新技術の確立に思いをはせて

情報科学のぜい弱性を正して世の中をよくする技術に

北海道大学大学院 工学研究院 環境創生工学部門 准教授

押木 守

P.16をPDFで読む(PDF:1.1 MB)

ロゴ:未来をひらく科学技術 JST news

ISSN 2433-7927

編集発行/ 国立研究開発法人科学技術振興機構 総務部広報課

住所/ 〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ

電話/ 03-5214-8404 FAX/ 03-5214-8432

E-mail/ jstnewsjst.go.jp