熊本大学,科学技術振興機構(JST)

令和6年7月2日

熊本大学
科学技術振興機構(JST)

トランスファーRNAを修飾する酵素が脳機能を支える仕組みを解明

~RNA修飾の欠失による脳の病気の一般原理の理解へ~

ポイント

熊本大学大学院 生命科学研究部の富澤 一仁 教授、中條 岳志 講師、ローランド・トレスキー 大学院生(当時)の研究チームは、トランスファーRNA(tRNA)を修飾する酵素の一種であるTRMT10Aの変異により知的障害が発症する仕組みを解明しました。さまざまなtRNA修飾酵素の欠失が知的障害を引き起こしますが、これまで発症の詳細な仕組みは大部分が未解明であったため、今後の知的障害の治療の進展につながる可能性があります。

本研究成果は、日本時間2024年7月2日(火)に英国科学雑誌「Nucleic Acids Research」に掲載されます。

本研究は、科学技術振興機構(JST)創発的研究支援事業「RNA修飾編集技術の創発とその治療への応用」(課題番号:JPMJFR204Z、研究代表者:中條岳志)および日本学術振興会科学研究費助成事業(課題番号:20H03187、研究代表者:中條岳志)などの支援を受けて行われました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“TRMT10A dysfunction perturbs codon translation of initiator methionine and glutamine and impairs brain functions in mice”
DOI:10.1093/nar/gkae520

<お問い合わせ先>

前に戻る