東北大学,日本電気株式会社,科学技術振興機構(JST)

令和5年12月5日

東北大学
日本電気株式会社
科学技術振興機構(JST)

新概念の鍵変換で暗号の物理安全性が飛躍的に向上

~さまざまな暗号ソフトウェア・ハードウェアに革新~

ポイント

近年、個人情報や金融情報などの重要な情報をIC(集積回路)カードを始めとする情報通信機器を通してインターネット上でやりとりすることが一般的となっています。そのような情報を守るため、機器内部には暗号化処理を実行するソフトウェアやハードウェア(暗号モジュール)が搭載されています。しかしサイドチャネル攻撃と呼ばれる、暗号モジュールの動作時に副次的に発生する電力消費や電磁波などを利用して秘密情報を盗み出す攻撃が指摘されています。

東北大学 電気通信研究所および日本電気株式会社(NEC)は、新しい概念の「暗号鍵変換」によりサイドチャネル攻撃から暗号モジュールを長期にわたって強固に保護する技術を開発しました。開発した技術は、これまでの10分の1以下の対策コストで長期間の安全性を維持できます。また、その安全性を数学的にも証明しており、さまざまな用途の暗号モジュールの長期的な安全性を低コストで実現できます。今後、開発した技術により、ICカード、スマートフォンや車載機器を始めとする暗号機能を搭載した機器全体の安全性と性能向上に貢献することが期待されます。

本成果は、2023年12月4日に国際暗号学会の国際学術雑誌「IACR Transactions on Cryptographic Hardware and Embedded Systems」に先行掲載されました。さらに、2024年9月に開催される同雑誌の採択論文による国際会議において発表を行う予定です。

本研究成果は、科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 CREST「Society5.0を支える革新的コンピューティング技術」研究領域(研究総括:坂井 修一)「耐量子計算機性秘匿計算に基づくセキュア情報処理基盤」(研究代表者:本間 尚文、グラント番号:JPMJCR19K5)の事業・研究課題の助成により得られました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Fallen Sanctuary: A Higher-Order and Leakage-Resilient Rekeying Scheme”
DOI:10.46586/tches.v2024.i1.264-308

<お問い合わせ先>

前に戻る