早稲田大学,大阪大学,理化学研究所,京都大学,岡山大学,(JST)

令和4年11月9日

早稲田大学
大阪大学
理化学研究所
京都大学
岡山大学
科学技術振興機構(JST)

さまざまな元素の分布を可視化する「放射化イメージング」に成功

~これまで難しかった薬物動態の可視化など、診断・治療への応用に期待~

ポイント

早稲田大学 理工学術院の片岡 淳 教授らの研究チームは、大阪大学 放射線科学基盤機構の豊嶋 厚史 教授、同・大学院医学系研究科 放射線統合医学講座の加藤 弘樹 准教授、角永 悠一郎 特任助教(常勤)、医薬分子イメージング学共同研究講座の松永 恵子 特任助教(常勤)、理化学研究所 光量子工学研究センターの小林 知洋 専任研究員、若林 泰生 研究員、京都大学 複合原子力科学研究所の高宮 幸一 准教授、岡山大学 学術研究院医歯薬学域の上田 真史 教授らと共同で、さまざまな元素の分布を可視化する革新的手法「放射化イメージング」を提案し、その原理を実証しました。これまで可視化ができなかった薬物でも体の外からイメージングすることが可能となり、診断・治療の新しい可視化ツールとして幅広い応用が期待されます。

本研究成果は、2022年11月7日(月)(現地時間)に「Applied Physics Letters」のオンライン版で、また関連する論文も2022年11月3日(木)(現地時間)にCorrected Proofとして「Nuclear Instruments and Methods in Physics Research-section A」に掲載されました。

本研究は、戦略的創造推進事業 ERATO「片岡ラインX線ガンマ線イメージング」(令和3~8年度:グラント番号 JPMJER2102)の支援を得て実施したものです。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Activation imaging of drugs with hybrid Compton camera: A proof-of-concept study”
DOI:10.1063/5.0116570
“Activation imaging: New concept of visualizing drug distribution with wide-band X-ray and gamma-ray imager”
DOI:10.1016/j.nima.2022.167599

<お問い合わせ先>

前に戻る