千葉大学,宮崎大学,科学技術振興機構(JST)

令和2年4月20日

千葉大学
科学技術振興機構(JST)

荷電処理が一切不要なエレクトレット型振動発電素子を開発

~有機EL材料で自己組織化エレクトレットを実現~

エレクトレット型の振動発電素子は微小な振動から電力を得ることできる有力なデバイスですが、エレクトレットの作製には荷電処理が必須であり、これが製造コストを増加させる1つの要因でした。千葉大学 先進科学センターの田中 有弥 助教らは、自然に整列する有機エレクトロルミネッセンス素子用の材料を利用することで、荷電処理を一切要しない『自己組織化エレクトレット』型振動発電素子の開発に成功しました。本研究は有機EL材料がエレクトレットの材料としても有用であることを実証したものであり、発電素子だけでなく、エレクトレットが使用されるセンサ、マイクなどのデバイスの作製プロセスを簡略化や、低製造コスト化に貢献することが期待されます。

本成果は2020年4月20日(英国夏時間)に科学誌「Scientific Reports」に掲載されます。

本成果は、以下の事業・研究領域・研究課題によって得られました。

戦略的創造研究推進事業 個人型研究(さきがけ)

「微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出」
谷口 研二 大阪大学 名誉教授
秋永 広幸 産業技術総合研究所 総括研究主幹
極性分子配向薄膜を備えた新規振動発電器の創生
田中 有弥 千葉大学 先進科学センター 助教
2017年10月~2021年3月

<プレスリリース資料>

(英文)“Self-Assembled Electret for Vibration-Based Power Generator”

前に戻る