東京大学,名古屋工業大学,名古屋大学,自然科学研究機構 生命創成探究センター,科学技術振興機構(JST)

令和2年4月14日

東京大学
科学技術振興機構(JST)

世界初 窒素ドープ型ナノチューブ分子登場

ポイント

東京大学 大学院理学系研究科の磯部 寛之 教授(JST ERATO磯部縮退π集積プロジェクト 研究総括)の研究グループは、周期的に窒素原子が埋め込まれたナノチューブ分子(窒素ドープ型ナノチューブ分子)の化学合成に世界で初めて成功しました。2019年、独自に開発したばかりのナノチューブ分子の化学合成法に、窒素原子を埋め込む工夫を新たに凝らした結果です。窒素ドープ型炭素材料には、半導体利用などの応用研究において注目されていますが、本研究成果は、今後、こうした材料科学研究をより一層、加速させるものと期待されます。

本研究成果は、国際学術雑誌「Nature Communications」に2020年4月14日に掲載されます。

本研究は、JST 戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)「磯部縮退π集積プロジェクト」および科学研究費助成事業の一環として進められました。X線回折による分子構造決定には、一部、大型放射光施設SPring-8および高エネルギー加速器研究機構(KEK) 物質構造科学研究所 フォトンファクトリーの最先端設備が活用されています。

<プレスリリース資料>

(英文)“A nitrogen-doped nanotube molecule with atom vacancy defects”

前に戻る