JSTトップ > 国際科学技術基盤整備事業 > 海外の科学技術情報の収集 > 台湾 > 平成30年度採択 日本-台湾研究交流課題の募集のお知らせ

国際科学技術基盤整備事業

平成30年度採択予定 日本-台湾研究交流課題の募集のお知らせ

台湾側研究者の応募について追記しました

(最終更新日:平成29年12月6日)


 国立研究開発法人科学技術振興機構(以下、「JST」という)では、日本と台湾の研究者間での研究交流を推進する「日本-台湾研究交流」を実施しています。平成29年度において、「超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT」に関する研究交流課題を募集いたします。


共同研究の募集対象

本研究交流は、日本と台湾の間で、募集分野における研究交流を実施することにより、我が国の科学技術の将来の発展に資することを目的としています。

JSTは、台湾の研究費配分機関である台湾科学技術部(MOST:Ministry of Science and Technology)と協力して、日台の研究交流を推進するための共同ファンドプログラムとして、「超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT」分野で日本と台湾の共同研究チームによる共同研究交流課題の公募を行います。

具体的には、両機関が協力して、比較的小規模な共同研究(日台双方の研究者の派遣・招聘やシンポジウム・セミナー等の開催を含みます)を支援することを予定しています。

募集期間

平成29年11月1日(水) ~ 平成30年1月15日(月) 午後5時

申請方法

応募要件

支援の内容

研究交流課題が採択された場合、日本側研究者は3年間で1,200万円を上限とする委託研究費を受け取ることができます。上記の委託研究費として直接経費の10%を上限とする間接経費を申請することができます。詳しくは募集要項をご覧ください。

台湾側研究者の応募

台湾側研究者はMOSTに申請してください。台湾の相手側研究者からMOSTに同様の提案申請がなされない場合は、審査の対象となりません。
台湾側研究者の応募要件・応募方法・支援内容等の詳細は以下のHPをご覧ください。

徵求2018年科技部與日本國立研究開發法人科學技術振興機構(MOST-JST)雙邊合作研究計畫

本件に関するお問い合わせ

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 国際部 事業実施グループ 平川、川居、エング
TEL:03-5214-7375  FAX:03-5214-7379
E-mail:

Copyright © 2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.