Toward the world-leading phase imaging technology

百生量子ビーム位相イメージングとは

デジタル画像計測技術を活用することにより波の位相情報を可視化します。単純な撮影では実現しない高感度で高機能の撮影手法です。これまでX線を用いた位相イメージング技術開発でフロンティアを形成してきました。これを発展させるとともに、中性子線や電子線など、他の量子ビームを用いる位相イメージング開発にも展開します。

最新情報

一覧のページへ
  • 2020.10.01 お知らせ
    研究成果を更新しました。(詳細はこちら
    2020.09.10 お知らせ
    電子線位相イメージンググループよりプレスリリースを行いました。(詳細はこちら
    2020.07.01 お知らせ
    研究成果を更新しました。(詳細はこちら
    2020.04.08 お知らせ
    研究総括の百生敦教授が、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門 を受賞しました。
  • 2018.11.30 受賞
    工藤博幸教授(筑波大学・システム情報系)が第37回日本医用画像工学会大会(2018年7月25-27日開催)にて田中栄一記念賞(Medical Imaging Technology誌論文賞)を受賞しました。
    2018.11.30 受賞
    上田亮介研究員(筑波大学・システム情報系)が第37回日本医用画像工学会大会(2018年7月25-27日開催)にて奨励賞を受賞しました。
  • 2018.04.02 募集
    生理学研究所JST-ERATO 百生量子ビーム位相イメージングプロジェクト博士研究員 募集 (詳細はこちら

関連機関

  • 東北大学
  • 筑波大学
  • JASRI
  • J-PARK
  • J-PARK
  • Karlsruhe Institute of Technology (KIT)

リンク

  • 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
  • ERATO科学技術振興機構
  • 東北大学多元物質科学研究所
  • Spring8