WHAT WE DO

身体を変幻自在にする。

稲見自在化身体プロジェクトは、人間がロボットや人工知能などと「人機一体」となり、自己主体感を保持したまま自在に行動することを支援する「自在化技術」の開発と、「自在化身体」がもたらす認知心理および神経機構の解析をテーマに先駆的な研究を展開していきます。

自在化身体構築グループ

身体・行動のシステム的な理解に基づく、バーチャルリアリティ、拡張現実感、ウェアラブル技術、ロボット技術、テレイグジスタンス、機械学習などを援用した人間拡張のための研究開発と社会実装を行う。

認知心理・行動グループ

認知心理学に基づく、自在化身体がもたらす心理と行動変容の検証と人間の認知と振る舞いや生理反応の解析を行う。

システム知能・神経機構グループ

脳機能イメージングや機械学習などに基づく、自在化身体を支える神経機構の解析、編集された身体性がどのように神経系に表現されるのかの解明、感覚一運動連関の最適化に基づく可制御性の向上を行う。