セミナー・シンポジウム

公開セミナー

2021年7月9日 公開JST主催

「進路で人生どう変わる?理系で広がる私の未来 2021」 動画公開セミナー

「理系で広がる私の未来」は、理系選択の先にどんな未来があるのか、女子中高生とその保護者・教員の皆さんに「理系選択の未来」を知っていただく企画です。様々な分野で活躍する理系出身者からメッセージをいただき、多様で豊かな理工系女子の未来を動画公開セミナーとしてご紹介します。

2021年3月24日(水) 13:00-14:40JST主催

第2回 輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)受賞記念講演会

第2回「輝く女性研究者賞(ジュンアシダ賞)」の受賞者による受賞記念講演会を開催いたします(Zoomビデオウェビナーによるオンライン開催)。

坂井 南美 氏
第2回輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)受賞
(理化学研究所 開拓研究本部 坂井星・惑星形成研究室 主任研究員)
講演タイトル「天文学と化学の融合で切り込む多様な惑星系の起源」

星野 歩子 氏
第2回輝く女性研究者賞(科学技術振興機構理事長賞)受賞
(東京工業大学 生命理工学院 准教授)
講演タイトル「ナノサイズ粒子が司るがん転移の新しいストーリー」

2020年8月31日(月)13:00-17:00JST主催

公開シンポジウム「壁を越える―ジェンダーがつなぐ未来へ」(オンライン開催)

2017年5月に東京で開催した国際会議ジェンダーサミット10(以下GS10)では、科学の世界で男女共同参画を推進することが科学の成果につながることを示す結果が多々発表されました。多くの男女がこれらの結果を共有するために、またGS10での成果を継続的に議論し、さらなるジェンダー平等に関する研究を広めるために、毎年フォローアップシンポジウムを開催することといたしました。2018年6月の第1回では産学官にてどのようなフォローアップ活動をしているか議論し、各大学と機関、企業がそれぞれ工夫をしながら展開していることを確認しました。昨年は7月には第2回のフォローアップシンポジウムを開催し、GS10 で提案した”Gender Equality 2.0”に焦点をあてて議論し、LGBTなどがこれからの社会の鍵になることを共有しました。今年は、男女が様々な壁を越えるための取り組みに焦点をあて、若手の活躍を支援するための最終フォローアップシンポジウムを開催いたします。

2020年8月3日(月) 公開 JST主催

「進路で人生どう変わる?理系で広がる私の未来2020」動画公開セミナー

「理系で広がる私の未来」は、理系選択の先にどんな未来があるのか、女子中高生とその保護者・教員の皆さんに「理系選択の未来」を知っていただく企画です。様々な分野で活躍する理系出身の女性からメッセージをいただき、多様で豊かな理工系女子の未来を動画公開セミナーとしてご紹介します。

2020年6月12日(金)15:20-17:00JST主催

第1回 輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)受賞記念講演会

昨年決定した第1回「輝く女性研究者賞(ジュンアシダ賞)」の下記2名の受賞者による受賞記念講演会を開催いたします。
(ビデオ会議システムを利用したオンラインセミナー)

戎家 美紀 氏
第1回輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)受賞
(European Molecular Biology Laboratory Barcelona グループリーダー)
講演タイトル「ヒトの時間ネズミの時間の分子的な理解を目指して」

深澤 愛子 氏
第1回輝く女性研究者賞(科学技術振興機構理事長賞)受賞。
(京都大学 高等研究院 物質―細胞統合システム拠点 教授)
講演タイトル「光・電子機能性をもつ新奇な有機分子をデザインして創る」

2019年7月4日(木) 13:00~17:30(12:30 開場)JST主催

公開シンポジウム「Gender Equality 2.0からSDGsを展望する―架け橋―」
~GS10フォローアップ2019~

国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部 地下1階大会議室
(東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ)

ジェンダーサミット10(GS10)で行われた議論や各テーマがその後どのように取り組まれ、新たな展開が図られたか、より広い関係者で共有し、更なる議論を行います。特に、GS10で出した東京宣言において提案したGender Equality 2.0が世界中でどのように共有されたか、今後どのように展開されるべきか、SDGsの観点から展望します。また、わが国の学術におけるジェンダー平等に関する継続的な取り組みを実施する流れ(PDCA)を作ります。

リーフレット(PDF)

2019年6月8日(土) 14:30~17:30(13:00 開場)JST主催

内閣府男女共同参画局 理工チャレンジ リコチャレ 連動イベント
「進路で人生どう変わる?理系で広がる私の未来2019」

科学技術振興機構別館(東京都千代田区5番町7)

女子中高生と保護者を対象とした、理系選択後の未来を紹介するシンポジウム&展示・ワークショップイベント。
実際に活躍中の理系で活躍する先輩の姿から「好き」「成績」「夢」だけではない、リアルな未来を伝えます。
理系を目指す方はもちろん、理系科目が苦手な学生や今まで理系に縁の無かった保護者の方も大歓迎です。

2018年11月10日(土)10:30~12:00(10:15 開場)JST主催

サイエンスアゴラ2018 出展企画
内閣府男女共同参画局 理工チャレンジ リコチャレ 連動
「理系で広がる私の未来-STEM Girls Ambassadors トークセッション」

東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンタービル20F
(新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」直結)

内閣府委嘱のSTEM Girls Ambassadorsが登壇し、現実的かつ夢のある未来を語るトークイベント。理系を目指す方はもちろん、理系科目が苦手な方、今まで理系に縁の無かった方も大歓迎です。

※無料 要申し込み

2018年6月24日(日) 13:30~16:00(12:30 開場)JST主催

内閣府男女共同参画局 理工チャレンジ リコチャレ 連動イベント
「理系で広がる私の未来 2018 ~進路で人生どう変わる?~」

日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3−6)

女子中高生と保護者を対象とした、理系選択後の未来を紹介するシンポジウム。実際に活躍中のリケジョの先輩の姿から「好き」「成績」「夢」だけではない、リアルな未来を伝えます。理系を目指す方はもちろん、理系科目が苦手な学生や今まで理系に縁の無かった保護者の方も大歓迎です。

リーフレット(PDF)

2018年6月14日(木) 13:00-17:00

学術フォーラム「ジェンダー視点が変える科学・技術の未来~GS10フォローアップ~」

ジェンダーサミット10で議論した内容に関するその後の取り組みや進捗状況、新たな展開等を関係者で共有し、更なる議論を行います。ジェンダーをベースとした科学技術開発に関する継続的な取り組みを実施する流れを作ることを目的としたフォーラムです。

日本学術会議講堂 (東京都港区六本木7-22-34) 03-3403-6295

リーフレット(PDF)

2018年4月14日(土) 13:00~17:00JST主催

女性研究者と共に創る未来

2017年12月に実施したアンケート「研究開発プロジェクトのダイバーシティを進めるために」の結果を受け、結果と課題を共有し、議論を深めるためのシンポジウムを開催。JSTとして実施可能な施策やアカデミア全体として取り組むべき問題について、今後の具体的な取り組みを検討します。

2017年5月27日(土)14時00分~16時30分(13時30分 開場)JST主催

ジェンダーサミット10 女子中高生向けサテライトイベント
内閣府男女共同参画局 理工チャレンジ リコチャレ 関連イベント
「進路で人生どう変わる?理系で広がる私の未来」

一橋講堂(千代田区一ツ橋2-1-2)

進路未決定の女子学生とその保護者、教員を対象に、理系に進んだその先の多様な未来を紹介するシンポジウム。「好き」や「成績」、「夢」だけではなく、なかなか見えない理系進学後の「現実的な未来」の実例と大きな可能性を伝えます。

リーフレット(PDF)

2016年12月2日(金)15時00分~17時30分(予定)

第9回奈良先端大男女共同参画推進シンポジウム(創立25周年記念事業)「多様性を受容する社会に向けて~大学院に求められること~」

奈良先端科学技術大学院大学ミレニアムホール

国の科学技術推進におけるダイバーシティ戦略、現代・近未来社会に必要とされる人材育成や組織作りのあり方などについてのシンポジウム

セミナーリーフレット(PDF)

2016年11月5日(土)13:00JST主催

サイエンスアゴラ2016 ワークショップ
違和感が世界を変える ―科学におけるマイノリティのススメ

日本科学未来館 7階

「多数派・主流派との違いを自覚でき、現状の当たり前に居心地の悪さを感じる人」をマイノリティと定義し、彼らの持つ発想や着眼点とイノベーションの関係を読み解き、マイノリティの力を参加者の中に発見するワークショップ

セミナーリーフレット(PDF)

2016年3月18日(金)13:00~17:10

九州大学男女共同参画推進室主催
Symposium for“Diversity Initiatives and Gendered Innovations”

九州大学医学部百年講堂

多様性の推進と性差に着目した科学技術革新についてのシンポジウム

セミナーリーフレット(PDF)

2016年3月8日(火)15:00~16:15

東京医科歯科大学 学生支援・保健管理機構 DDユニット事業推進室主催
リーダーシップ向上セミナー 第4回「マネジメント講座~課題解決力・意志決定力~」

東京医科歯科大学 MDタワー11階 大学院講義室3

マネジメント講座~課題解決力・意思決定力~講演とディスカッション

セミナーリーフレット(PDF)

2016年3月16日13:30~15:00JST主催

ダイバーシティセミナー
Gendered Innovations in Science, Health & Medicine, Engineering, and Environment.
性差に基づく新しいイノベーション論 ~「ジェンダード・イノベーション」について~

東京本部 B1大会議室

科学におけるジェンダードイノベーション
講師:ロンダ・シービンガー博士 Londa Schiebinger
スタンフォード大学歴史学部 ジョン・L・ハインツ科学史教授
欧州連合/米国ジェンダード・イノベーション理事

開催レポートはこちら

2015 年 11 月 13 日(金)10:30 -13:00JST主催
※事前登録あり13:30-15:00

サイエンスアゴラ出展企画
女性参画拡大を科学する ~科学技術における多様な人材の参加~

日本科学未来館 7階 未来館ホール

科学技術分野での女性参画をどのように効果的に拡大できるか、女性の参画によって何が起きるのかをエビデンスを基にして考察するシンポジウム&トークセッション
主催:米国国立科学財団 科学技術振興機構

講演動画リンク

2015年9月1日(火)13:30-15:00JST主催

ダイバーシティセミナー 今、科学の発展に必要なこと
(講師 Dr. Elizabeth Pollitzer)

ジェンダーが科学に及ぼすインパクト、そしてジェンダーサミット

開催レポートはこちら

後援

2014年11月15日(土)

J-Win W-STEM Networking conference 2014

一緒に語ろう!リケジョの未来

2014年9月20日(土)

日独国際シンポジウム

学術研究職におけるジェンダー ドイツの取り組みの実践例

外部機関との連携

2015 年 10 月 17 日(土)10:00 -17:45

第13回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム

千葉大学 けやき会館

仕事と家庭の両立を目指して -私たちの壁であり続ける出産・子育ての乗り越え方を男女で考えよう-

2015年8月26日(水) ~28日(金)

韓国女性科学技術工学センター(WISET)

仕事と家庭の両立を目指して -私たちの壁であり続ける出産・子育ての乗り越え方を男女で考えよう-

ジェンダーサミット (韓国ソウル)への協力
参加レポートはこちら

2015年4月28日(火)~30日(木)

Gender Summit 5 Africa 2015

ジェンダーサミット (南アフリカ)への参加
参加レポートはこちら

2015年4月15日(水)

アメリカ国立科学財団(NSF) 来訪

ダイバーシティ推進に関する打ち合わせ

2015年3月9日(月)

東京農工大学「理系女性のキャリア支援ネットワークの形成」第2回シンポジウム

基調講演 「研究・教育に関わるすべての人のための男女共同参画」

2015年3月8日(日)

女性研究者研究活動支援事業キックオフシンポジウム

シンポジウム参加(来賓挨拶)

2015年1月22日(木)~23日(金)

アメリカ国立科学財団(NSF)訪問

ダイバーシティ推進に関する議論

2015年1月19日(月)

御茶ノ水大学 (訪問)

ダイバーシティ推進に関する意見交換

2014年11月17日(月)

ドイツ研究振興協会(DFG)訪問

ダイバーシティ推進に関する議論

2014年9月24日(水)

ドイツ研究振興協会(DFG)来訪

女性研究者活躍推進に関する議論

2014年4月28日(月)

韓国女性科学技術工学センター(WISET)との打合せ

ジェンダーサミット
2015/8/26(水)-28(金):韓国ソウルへの協力依頼