未来を動かす科学研究のために
もっと多様で柔軟な研究環境を実現していきます

多様性はイノベーションに何をもたらすでしょうか。 様々な背景や考え方、異なる視点を持つ仲間との協働は、 社会の諸問題に対する適切で的を射た研究成果につながりそうです。 また、一人一人が限られた環境の制約を越え、国内外の企業やアカデミアなど 様々な環境を経験できれば、新たな視野と知見を得ることができるでしょう。 あるいは、研究に集中しながらも、家事や介護、 子育てなど個人の事情に合わせた働き方が可能になれば、 毎日に余裕が生まれ、人生がより楽しく豊かになっていくにちがいありません。 これらの利点は、研究そのものを柔軟にし、社会のニーズによりフィットしたイノベーションに つながるだろうとJSTは考えます。 私たちの活動は、研究者のみならず、 研究活動を支える人々についても向けられています。 より良い政策につなげるための国への提言も行いながら、 最終的には日本社会全体が柔軟で暮らしやすくなるように、 JSTはダイバーシティ推進を推進し、科学技術イノベーションを促進していきます。

科学研究分野で必要な3つの多様性

人材の多様性の画像

年齢や性別、国籍の差別なく、全ての人材が互いを尊重し合い、視野を広く保ちながら力を発揮できる環境を作ります。

キャリアの多様性の画像

一人一人が持つ様々な職種や業種での経験や資質を活かし、科学技術イノベーションに貢献します。

働き方の多様性の画像

子育てや介護、転勤などに左右されない柔軟でストレスのない働き方により、個々の力を最大限に発揮できる体制を目指します。

私たちのアクション

調査・提言の画像
調査・提言

科学技術の発展には国や各団体の未来に向けた適切な行動指針が不可欠です。JSTは独自の立場で現状を調査し、提言を行っていきます。

セミナー・シンポジウムの画像
セミナー・センポジウム

科学技術を担う人財にも多様性が必要です。より多様で豊かな視点と知見を提供できるよう、セミナーやシンポジウムを通じて多様な催しを行ってゆきます。

研究室支援の画像
研究室支援

研究環境にもワークライフバランスは必要です。子育てや介護、そういった要素が研究の壁とならないよう、JSTは多様な支援制度を検討し、実施してゆきます。