JST >> 知財活用支援事業 >> 大学等知財基盤強化支援(権利化支援・マネジメント強化支援・パッケージ化) >> マネジメント強化支援 >> 技術移転人材育成研修
科学技術振興機構 産学連携・技術移転 科学技術振興機構 未来社会創造事業 科学技術振興機構 オープンサイエンス方針 科学技術振興機構 研究倫理

技術移転人材育成研修

■ 背景と目的

 本研修は、大学等の技術移転人材を育成するためのシステム強化、技術移転マネジメントの普及モデルの確立を進め、大学等・研究機関の研究成果を実用化するための技術移転・産学連携業務に従事する人材(目利き人材)の専門能力の向上、及び人材のネットワーク構築等を目的としています。

■ 研修コース一覧

技術移転人材育成研修 個別案件メンタリングコース(主に共同研究)受講者募集中

@実践研修(個別)

技術移転人材育成研修(主にライセンス) (講師:TLO)
研修名 期間 概要 募集期間

@−1
個別案件
メンタリングコース

50時間以内

令和元年7月〜令和2年2月

TLOが講師(メンター)として、発明発掘からライセンス契約に至る技術移転の各実務において、受講者が大学で担当している個別案件について、相談を受け、助言や指導。

募集終了
6月14日〜7月5日

@−2
技術移転実践
コース

100〜200時間

1年目:
令和元年7月〜令和2年2月
2年目(予定):
令和2年6月〜令和3年2月

TLOが講師として、受講者のレベル、要望に応じて、柔軟な実践的カリキュラム設定。既存の外部研修も活用。

募集終了
6月14日〜7月5日

技術移転人材育成研修(主に共同研究)(講師:大学等)
研修名 期間 概要 募集期間

@−3
個別案件
メンタリングコース

10時間
(希望者は、最大20時間分まで可能)

令和元年9月〜令和2年2月

大学での業務経験豊富な者を講師(メンター)として、研究シーズの発掘・組み合わせからプロジェクト マネジメントに至る企業との共同研究の各実務において、受講者が大学で担当している個別案件について、相談を受け、助言や指導。

募集中(定員に達するまで随時)

A座学研修(集団)

研修名 期間 概要 募集期間

A−1
実事例集中講義コース

2日間
(令和元年11月予定)

実事例を通じて、技術移転の現場において遭遇する多様な困難・障害に対応できる応用力を習得。

10月(予定)


【JST事務局・お問い合わせ先】

国立研究開発法人科学技術振興機構
知的財産マネジメント推進部 技術移転人材育成グループ
〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ
E-mail: TEL: 03-5214-8477
※お問い合わせの内容によっては、回答に時間を要する場合があります。
※受講希望者の選考に関するお問い合わせにはお答えできません。ご了承願います。