研究開発成果
※研究者の所属・肩書および参画企業等記載は課題採択または記事掲載時のものであり、現在とは異なる場合があります。
アグリ・バイオ
プロトタイプ
バイオ界面の濡れ性に着目した新たな評価法の開発
キーワード :  濡れ性、液体除去、除去円、気体吐出、湿潤状態、親水性、細胞、ゲル
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  シーズ育成タイプ
研究開発課題名 バイオ界面の非接触濡れ性評価システム (開発期間:平成27年12月〜平成30年3月)
プロジェクトリーダー所属機関 株式会社北川鉄工所 研究者 田中 信行(理化学研究所)

本研究開発では、細胞やゲルなど、もともと表面が濡れていたり、内部に多くの水分をもつ物質の濡れ性を評価する手法の開発とその評価装置の開発試作を行った。
評価法は、培養液などの液体の中にある評価したい細胞などの試料に気体を吹きかけ、液体が取り除かれ円形状(除去円)に広がる挙動や吹きかける気体を止めた時に濡れ戻る挙動を相対比較して評価するものである。
気体を吹き付け広がる除去円を認識し、その円の大きさから濡れ性の違いを相対比較する試作機を開発した。
複数の細胞組織に対して、本手法による評価と生化学的な評価を行った結果、細胞種により濡れ戻りの挙動に違いがみられることが確認された。細胞種と濡れの違いのメカニズムを解明することで細胞の機能評価にもつながると考えられる。

成果説明画像

期待されるインパクト(効果、意義、市場規模、売り上げ予測)

バイオ界面の研究開発の場面では、これまで濡れという現象を比較することは少なかった。この領域に濡れという指標を提案することで新しい研究や開発のきっかけにつながることを期待したい。細胞に限らず、ハイドロゲル、オルガノゲルなどの研究への応用や従来法では評価の難しかった材料などにも応用できる可能性が期待される。

開発者の声

本研究開発の中で行った調査では、従来の方法で評価を行っている分野においても、濡れの評価に対して多くの課題があることが確認された。
バイオ領域をはじめ、より多くの分野で応用できるように評価システムの改良開発を進めていきたい。
※この成果は、JSTおよび理化学研究所よりプレスリリースとして発表されています。
●JSTプレスリリース   ●理化学研究所プレスリリース


このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構