研究開発成果
※研究者の所属・肩書および参画企業等記載は課題採択または記事掲載時のものであり、現在とは異なる場合があります。
アグリ・バイオ
プロトタイプ
長日要求性素材と遺伝子解析を応用したアブラナ科極晩抽性実用品種の開発
キーワード :  アブラナ科、晩抽性、DNAマーカー、ハクサイ、遺伝解析、抽だい、育種
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  シーズ顕在化タイプ
研究開発課題名 長日要求性素材と遺伝子解析を応用したアブラナ科極晩抽性実用品種の開発(開発期間:平成24年10月〜平成29年7月)
プロジェクトリーダー所属機関 株式会社サカタのタネ 研究者 若生 忠幸(農業・食品産業技術総合研究機構)

既存品種では早期抽だい(早期開花、とう立ち)を防ぐために加温育苗が必要なハクサイ作型において、無加温で収穫できるハクサイ実用品種の育成と、品種開発を促進するための開花関連遺伝子解析やDNAマーカー開発を目標に研究を実施した。その結果、実用品種の育成に近づき、新たな無加温作型が開発されつつある。すなわち、極晩抽性を支配する遺伝子解析が進んで2遺伝子についてDNAマーカー選抜が可能になり、さらに1遺伝子の機能解明が進んだ。また、既存品種では対応できなかった作型において、高い商品化率の得られる有望F1組み合わせ(実用品種候補)を選定した。加えて、早期抽だいのために春の無加温栽培が困難であった極早生の生食兼用新規ハクサイ品種「タイニーシュシュ」について、DNAマーカーを活用して選抜を進めた結果、極晩抽性を付与した有望F1組み合わせ(実用品種候補)が早期に育成され つつある。

成果説明画像

期待されるインパクト(効果、意義、市場規模、売り上げ予測)

晩抽性は、多くのアブラナ科主要野菜において安定供給に直結する重要な育種課題である。一方、晩抽性は花が咲きにくく、世代更新に時間が掛かる形質であることから、品種改良を迅速に進めることは困難であった。本研究によって、ハクサイの極晩抽性の遺伝解析やDNAマーカー開発が進み、極晩抽遺伝子を効率的に育種利用できるようになった。さらには、他のアブラナ科品目の育種へ利用拡大できる展望も 開けてきた。

開発者の声

本プロジェクトは、極晩抽性品種育成に向け、極晩抽遺伝子の遺伝解析、圃場での栽培調査、選抜、交配、作型開発と内容が多岐に渡り、弊社単体では難しい事業であった。農研機構、大学、農業試験場と強く連携を取ることで初めてここまでの成果を得る事ができたと考えている。 今後は極晩抽性ハクサイ品種育成に向け、他形質の改良をさらに重ねると共に、本研究成果の他のアブラナ科品目での利用も進めたい。


このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構