募集

2024年度 実装支援(返済型)の募集概要

実装支援(返済型)への応募には、事前の面談等が必要です。
お申し込み方法等、詳細は>>応募相談・選考の流れをご覧ください。

募集の概要

目的・狙い 大学等の研究成果の社会実装を目指す、スタートアップ等による実用化開発を、開発費貸付で支援します。
出資(エクイティ)と異なり、株式を発行せずに調達可能な資金(デット)として、利用できます。
課題提案者
(対象企業)
主に以下を満たす企業
●中小企業基本法等の「中小企業者」に該当
●未上場
●大学等の研究成果の社会実装を目指している(大学等発スタートアップでなくても可能)
※設立年数は問わない
支援する開発 ●開発期間:最長3年間
●開発費:上限5億円(間接経費・再委託費を含む総額)
●対象分野:全分野(ただし医療分野を除く)
※技術シーズ(大学等の研究者の発明等に基づく知的財産権)を利用する権利を有することが必要です
返済条件 開発終了後に行う事後評価結果により異なります(高評価順にS,A,B,Cの4段階評価)
●S,A,B評価の場合:開発費の全額を返済
・利率:無利子
・返済期間:開発終了後、10年以内(うち最長3年間の猶予可)
・返済方法:一括又は分割(事業計画に応じる)
・担保・保証は完済するまで設定を継続
●C評価の場合:開発費の10%を一括返済
担保・保証 開発費総額の10%相当(開発開始時に一括設定)
公募期間 2025年3月31日(月)正午まで
※審査は随時実施(審査期間:最短4ヶ月)

公募要領等の資料

公募要領 【全文】2024年度公募_実装支援(返済型)_公募要領 (PDF形式)
説明資料 2024年度公募説明資料 (PDF形式)
説明動画 (準備中)
資金使途 【間接経費】競争的研究費の間接経費の執行に係る共通指針  (PDF形式)
e-Rad等 2024年度公募_別紙e-Radによる申請方法等について (PDF形式)
その他 リーフレット (PDF形式)

評価者

応募相談・選考の流れ

  • 予備面談 ※応募相談前のすり合わせ
  • 応募相談(デューデリジェンス) ※事業性・開発内容を確認
    〔正式応募:課題提案書等の提出(e-Rad申請等)〕
  • 選考(面接選考など)
  • 開発実施計画の調整/契約締結
  • 開発開始

※応募相談から正式応募可能となるまで2~3ヶ月程度、正式応募から開発開始まで3ヶ月程度かかることが想定されます。

e-Rad申請前に、予備面談及び応募相談を必須としています。
ご関心やご質問等がございましたら、まずは以下<お問合せ先>までご連絡ください。

主な提出書類

  提出書類 様式
予備面談 特段のご準備は不要です
応募相談 ①企業概要〔JST指定様式〕
②応募要件に係るチェックリスト〔JST指定様式〕
③開発実施計画の概要〔JST指定様式〕
④事業計画〔様式自由〕
⑤返済計画〔様式自由〕
⑥直近3期分の決算報告書、等
①~③の調査票〔JST指定様式〕
(パスワードは留意事項を参照)
正式応募 課題提案書〔JST指定様式〕 課題提案書〔JST指定様式〕
(パスワードは留意事項を参照)
【提出書類についての留意事項】
・様式ダウンロードのパスワード:jstJSTjst
・応募相談における上記書類は、予備面談の後に、進捗に応じてご提出をお願いすることになります。なお、上記書類が基本的に必要ですが、提出不要となる、あるいは上記以外に追加提出いただく場合もあります。

お問合せ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 スタートアップ・技術移転推進部 実装支援グループ
●E-Mail:jitsuyoka[at]jst.go.jp([at]を@に置き換えてください)
●Webフォーム:A-STEP お問い合わせ/ご意見・ご要望フォーム
●Tel:03-5214-8995
このページの先頭へ