募集

令和4年度 実装支援(返済型)の募集概要

本ページの内容は、公募要領からの一部抜粋です。応募にあたっては必ず>>公募要領全文をご覧ください。
実装支援(返済型)への応募に際しては、事前に応募相談を行っていただく必要があります。
応募相談のお申し込み方法等、詳細は>>申請、選考、開発開始までの流れをご覧ください。

支援の概要

目的・狙い 大学等の研究成果・技術シーズの社会実装を目指し、ベンチャー企業等が実用化開発を行う。
課題提案等の要件

・大学等の技術シーズの社会実装を目指し、ハイリスク・ハイインパクトの開発に取り組むベンチャー企業等による提案であって、その社会実装に必須の開発課題であること。

・技術シーズについて、大学等に所属する研究者の発明等に基づく知的財産権であり、開発実施企業が利用する権利を有すること。

・事前にJSTへの応募相談を行い、開発終了後の事業計画・返済計画について妥当であるとの確認をJSTから得られていること。

・開発開始時に開発費総額の10%に相当する担保又は保証を設定できること。

課題提案者 ベンチャー企業等
研究開発期間 最長3年間
研究開発費 上限1〜5億円(総額)(間接経費・再委託費を含む)
資金の種類 返済型

・事後評価がS,A,B評価の場合:開発費全額を返済

・事後評価がC評価の場合:開発費の10%を返済(90%は返済免除)

募集期間

令和4年7月29日(金)〜令和5年3月31日(金)正午
※応募された課題提案については随時審査を行って採否を判定いたします。

採択予定件数

若干数

公募説明資料・動画

公募要領・課題提案書(様式)等の資料

申請、選考、開発開始までの流れ

  • 応募相談(必須)
  • 課題提案書等の提出(e-Rad申請)
  • 形式審査
  • 書類選考
  • 面接選考
  • 開発課題の決定
  • 調整後に、開発開始

※応募された課題提案については随時審査を行って採否を判定いたします。

※応募相談から、JSTが確認をし応募可能(e-Rad申請可能)となるまで2〜3か月程度かかることが想定されます。e-Rad申請後、審査、採択、契約を経て開発を開始するまで2か月程度かかることが想定されます。

e-Rad申請前に、JSTへの応募相談を必須としています。
随時、問合せ対応していますので、以下のいずれかの方法でJSTまでお気軽にご連絡ください。

●E-Mail: jitsuyoka[at]jst.go.jp(([at]を@に置き換えてください))
お問い合わせの際には、以下項目をご記入の上でお送りください。
・お名前(必須)
・所属(企業・大学・研究機関等)(必須)
・部署(必須)
・お電話番号(必須)
・ホームページのURL(必須)
・応募を検討している開発内容
・質問内容

お問合せ先

本プログラムそのものに関する問い合わせはJSTの担当部署にて受付けます。e-Radの操作方法に関する問い合わせは、e-Radヘルプデスクにて受付けます。
当ホームページと公募要領及び府省共通研究開発管理システム(e-Rad)のポータルサイト(https://www.e-rad.go.jp/)をよく確認の上、お問い合わせください。
なお、審査状況、採否に関する問い合わせには一切回答できません。

※問い合わせe-mailアドレスの[at]は@に置き換えてご利用ください。
本プログラム全般に関する問い合わせ、応募相談に関する問い合わせ、申請書類の作成・提出等の手続きに関する問い合わせ 科学技術振興機構
産学共同開発部
E-mail:jitsuyoka[at]jst.go.jp
Webフォーム: A-STEP お問い合わせ/ご意見・ご要望フォーム
e-Radの操作方法に関する問い合わせ e-Radヘルプデスク
0570-057-060(ナビダイヤル)
9:00〜18:00
※土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く

本ページの内容は、公募要領からの一部抜粋です。応募にあたっては必ず公募要領全文をご覧ください。
このページの先頭へ

独立行政法人 科学技術振興機構