評価結果
 
評価結果

テーマ事後評価

2020年11月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
産業ニーズ対応タイプ 技術テーマ「中性子源」事後評価〔平成27年度採択テーマ〕
1.テーマ事後評価の趣旨
 研究成果最適支援プログラム(A-STEP)産業ニーズ対応タイプは、産業界で共通する技術的課題「技術テーマ」の解決に資する大学等による基盤研究を推進するものです。
 本事後評価は、課題の事後評価の結果を受けて、産業競争力強化につながる技術の確立状況や研究マネジメントの状況を把握し、今後の事業運営の改善に資することを目的とし、「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの実施に関する規則」に基づき実施したものです。
2.対象テーマ
「コンパクト中性子源とその産業応用に向けた基盤技術の構築」 >>技術テーマ詳細
プログラムオフィサー:吉沢 英樹(一般財団法人放射線利用振興協会 理事、東京大学 名誉教授)
3.評価者(◎印は委員長)
下村 理大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 名誉教授
 浅野 克彦株式会社日立製作所 ライフ事業統括本部 スマートセラピー統括本部 本部主管
 菅野 東明三菱重工機械システム株式会社 設備インフラ事業本部 機器設計三課 兼 プロジェクト推進部 技術管理課 主席
 長谷 正司国立研究開発法人物質・材料研究機構 中性子散乱グループ グループリーダー
 山口 誠哉大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設 加速器研究施設長
※評価者の所属・役職は評価実施時のものとなります。
4.評価項目
・技術テーマとしての産業競争力強化につながる技術の確立状況
・技術テーマとしての研究マネジメントの状況
・個別の産学共同研究への発展状況
4.評価結果
「コンパクト中性子源とその産業応用に向けた基盤技術の構築」技術テーマ事後評価報告書
5.評価用資料
「コンパクト中性子源とその産業応用に向けた基盤技術の構築」技術テーマ事後評価用資料

このページの先頭へ
国立研究開発法人 科学技術振興機構