評価結果
 
評価結果

事後評価

2019年6月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
戦略テーマ重点タイプ「環境発電」事後評価一覧〔平成30年度終了課題〕
1.事後評価の趣旨
  研究成果最適支援プログラム(A-STEP)戦略テーマ重点タイプは、JST戦略的創造研究推進事業等の成果を基にテーマを設定し、そのテーマの下で、実用化に向けて長期一貫してシームレスに研究開発を推進することで、産業創出の礎となりうる技術を確立し、イノベーションの創出を推進するものです。
 本事後評価では課題ごとに、研究開発の実施状況及び研究成果等を明らかにし、今後の成果の展開及び事業運営の改善に資することを目的とし、「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの実施に関する規則」に基づき実施したものです。
2.評価対象課題
戦略テーマ重点タイプ「環境発電」1課題[平成30年度終了課題]
3.評価者(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 戦略テーマ重点タイプ「環境発電」プログラムオフィサー、アドバイザー)
研究開発テーマ:IoT、ウェアラブル・デバイスのための環境発電の実現化技術の創成>>研究開発テーマ詳細
プログラムオフィサー竹内 敬治株式会社NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット シニアマネージャー
アドバイザー桑野 博喜東北大学 大学院工学研究科 ナノメカニクス専攻 教授
アドバイザー佐々木 健東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
アドバイザー篠原 真毅京都大学 生存圏研究所 教授
アドバイザー前中 一介兵庫県立大学 大学院工学研究科 教授
アドバイザー森 孝雄物質・材料研究機構 MANA-ナノマテリアル分野 無機ナノ構造ユニット
ネットワーク構造物質グループ グループリーダー
アドバイザー山田 由佳パナソニック株式会社 ビジネスイノベーション本部  事業戦略センター  総括担当
アドバイザー吉田 郵司産業技術総合研究所 太陽光発電研究センター 副研究センター長
※評価者の所属・肩書は評価実施時のものとなります。
4.評価結果
※機関名・役職名は評価実施時のものとなります。
※下線はプロジェクトリーダー(課題の取りまとめ役)を指します。
課題名 企業責任者
研究責任者
事後評価
結果
スポーツを対象としたウエアラブル圧電型振動発電モジュールの開発 田中 隆(パナソニック株式会社)

pdf
(79KB)

神野 伊策 (神戸大学)

このページの先頭へ
国立研究開発法人 科学技術振興機構