最新情報

JSTトピックス

中村理事長がミャンマー科学技術省(MOST)他を訪問
2012年6月10日(日)〜11日(月)ミャンマー 科学技術研究センター

JST中村理事長が、2012年6月10日(日)および11日(月)にミャンマー科学技術省(Ministry of Science and Technology:MOST)傘下にある科学技術研究センターの一つであるMyanmar Scientific and Technological Research Department (MSTRD)、および同省を訪問いたしました。

6月10日(日)のMSTRD訪問では、Myint Han 顧問(MSTRD 前所長)他と面談し、東南アジア諸国との国際科学技術協力のスキームとして実施している東アジア共同研究プログラム(e-ASIA Joint Research Program, “e-ASIA JRP”)や地球規模課題対応国際科学技術協力(Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development, “SATREPS”)についての説明、意見交換を行いました。特にe-ASIA JRPの枠組みにおけるミャンマーの若い人材の発掘と育成について議論し、MOSTの公募への積極的参加を要請しました。(“e-ASIA JRP”および”SATREPS”については【e-ASIA JRPおよびSATREPSについて】をご参照。)


MSTRD前所長Dr. Myint Han(中央)

MSTRDは1946年に設立され、 1)Applied Chemistry、 2) Ceramics、3) Food technology、 4) Metallurgy、5) Pharmaceutical、6) Physics and Engineering、 7) Pilot Plant、 8) Polymer、 9) Pulp and Paperの9部門と、5つのサポート部門から構成されています。特に産業を発展させるための応用研究に力を入れており、医薬や海洋製品、風力等、多くの分野に積極的に関与しています。

Myint Han 顧問からは、ミャンマーの科学技術分野における頭脳流出および人材不足は深刻な問題であり、同国にとって、1)人材、2)研究設備、3)技術情報、4)予算、5)国内外との協力は必要不可欠であるとの発言がありました。さらに、科学技術分野における研究者の交流や共同研究は今後ますます重要となるため、e-ASIA JRPは非常に大切なプログラムであると認識している旨、コメントがありました。


Aye Myint科学技術大臣(中央)


理事長説明の様子

6月11日(月)に訪問したMOSTでは、Aye Myint 科学技術大臣ほか同省のディレクターと面談し、主に以下の意見交換を実施しました。

Aye Myint 科学技術大臣より、現在でもミャンマー国民の70%は地方に住んでおり、彼らを教育し生活水準を向上させる必要があるとの認識が示されました。また、特に注目している分野として、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、そして再生エネルギー分野が挙げられました。さらには、日本とさらなる良好な関係を構築するとともに、今後は日本からの技術移転に対する支援も大いに期待している旨、コメントがありました。

JSTからは、JST業務全般の他、MSTRD同様、“e-ASIA JRP”および“SATREPS”の2種類の事業の説明を行い、特にe-ASIA JRPの公募への積極的参加を検討するよう依頼しました。

  • 【e-ASIA JRPおよびSATREPSについて】
    東アジア共同研究プログラム(e-ASIA Joint Research Program, “e-ASIA JRP”)
    マッチングファンドによる3カ国以上で共同研究を行うためのプログラムであり、メンバー対象国は東アジアサミット(East Asia Summit)の参加18カ国となっています。2012年6月現在、8カ国9機関(*)が参加の意を表明しており、5月には「ナノテクノロジー・材料」および「バイオマス・植物科学」分野において、タイ-ベトナム-日本で先行公募を行い、合計14件の応募を得ました(ナノテクノロジー・材料:11件、バイオマス・植物科学:3件)。また、6月28日には第一回理事会をシンガポールにて開催し、プログラムの正式発足および先行公募の採択課題を正式決定する予定です。

(*)2012年6月現在の参加表明機関(国名アルファベット順):インドネシア科学技術省、日本文部科学省、ラオス保健省、ラオス科学技術省、マレーシア科学技術イノベーション省、ミャンマー科学技術省、フィリピン科学技術省、タイ国家科学技術開発庁、ベトナム科学技術省