最新情報

JSTトピックス

先端計測分析技術・機器開発事業の成果が第7回産学官連携功労者表彰を受賞
−2009年6月20日(土)〜6月21日(日) 国立京都国際会館−

先端計測分析技術・機器開発事業の開発課題「疾患早期診断のための糖鎖自動分析装置開発」(平成16〜20年度)のチームリーダーである西村紳一郎北海道大学教授らが第8回産学官連携推進会議(平成21年6月20日、京都)において「産学官連携功労者表彰 日本学術会議会長賞」を受賞いたしました。

「産学官連携功労者表彰」は大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動において、大きな成果を収め、また、先導的な取組を行う等、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることにより、我が国の産学官連携の更なる進展に寄与することを目的とし、平成15年度より毎年一回行われているもので、今回が7回目となります。

本開発課題は、血清などの生体試料から超高速・全自動で糖鎖を分析する、世界初の「糖鎖自動分析装置」を開発するもので、糖鎖解析の迅速化、簡易化に貢献すると共に、糖鎖バイオマーカーの探索に大きな展開が期待されています。なお、平成21年度からは、本事業のプロトタイプ実証・実用化プログラムの開発課題「全自動糖鎖プロファイル診断システムの開発」(チームリーダー 濱田和幸 システム・インスツルメンツ(株))において引き続き実用化開発を進めています。

先端計測分析技術・機器開発事業の成果が第7回産学官連携功労者表彰を受賞_1  先端計測分析技術・機器開発事業の成果が第7回産学官連携功労者表彰を受賞_2