最新情報

JSTトピックス

第2回「犯罪からの子どもの安全」シンポジウム 「被害実態をつかむ − 子どもたちの叫びが聞こえますか」開催報告 −
−2009年3月10日(火) 東京大学生産技術研究所コンベンションホール−

パネルディスカッションの様子

ポスターセッションの様子

社会技術研究開発センター「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域主催の第2回シンポジウムが3月10日に開催されました。

今回は、子どもたちの犯罪被害の実態を把握するというテーマについて、警察・医療・司法・情報空間など、異なる視点、角度から研究開発を行っている4人の研究開発プロジェクト代表者による講演が行われ、会場との意見交換も活発に行われました。また、パネルディスカッションでは、新谷珠恵領域アドバイザー((社)東京都小学校PTA協議会会長)がコーディネーターを務め、会場から頂いた質問を交えつつ、4人の講演者の研究開発成果が現場で生かされるものとなるよう、現場からの期待と要望をぶつける形での議論が展開されました。
さらに、現在進行中の8研究開発プロジェクトの内容を紹介するポスターセッションが行われ、プロジェクト実施者と参加者の皆さんとの間で交流が図られました。

※8研究開発プロジェクト:http://www.anzen-kodomo.jp/program/research/

【資料の送付希望・お問い合わせ】
社会技術研究開発センター「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域
TEL  03-3210-1200(藤田)/ ホームページ http://www.anzen-kodomo.jp/