JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第746号
科学技術振興機構報 第746号

平成22年7月15日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」における
平成22年度採択企画の決定について

JST(理事長 北澤 宏一)は、「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」において、平成22年度の採択企画を決定しました(別紙1)。

近年の調査報告によると、小学校の学級担任として理科を教える教員の約5割が理科全般の内容の指導を「苦手・やや苦手」(中学校理科教員・地学分野では約4割)と感じ、約7割(中学校理科教員では約3割)が理科の実験や観察についての知識・技能を「低い・やや低い」と感じています。

このような状況を踏まえて本事業では、小・中学校教員の理数教育における指導力向上を図ることを目的として、大学と教育委員会の連携による、養成プログラムの開発・実施や地域の理数教育における拠点の構築・活用などを通じて、優れた教育実践を行い、地域の理数教育において中核的な役割を担う小・中学校教員の養成を支援しています。

今年度は、平成22年3月3日(水)から5月10日(月)の期間に募集を行い16件の提案がありました。その後、外部有識者で構成される委員会(別紙3)による選考を行い、5件の採択を決定しました。

今後、契約などの準備が整い次第、平成26年3月31日までの4ヵ年度にわたって、1企画あたり年間3000万円(プラス間接経費10%)を上限として支援する予定です。

:「平成20年度小学校理科教育実態調査及び中学校理科教師実態調査に関する報告書(改訂版)」平成21年4月 JST 理科教育支援センター

<添付資料>

別紙1:「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」平成22年度採択企画一覧

別紙2:「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」平成22年度募集の概要

別紙3: 理数系教員養成拠点構築事業推進委員会 委員名簿

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 科学コミュニケーション推進本部 理数学習支援部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
坂井 琢磨(サカイ タクマ)、小保方 敏美(オボカタ トシミ)
Tel:03-5214-7518 Fax:03-5214-8430
E-mail: