JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第672号
科学技術振興機構報 第672号

平成21年9月25日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

『サイエンスアゴラ2009〜地球の未来 日本からの提案Ⅱ〜』の
開催について

JST(理事長 北澤 宏一)は、平成21年10月31日(土)から11月3日(火・祝)まで、国際研究交流大学村(東京・お台場)にて『サイエンスアゴラ2009』を開催します。

サイエンスアゴラは、“科学と社会をつなぐ広場(アゴラ)”として、科学技術と社会のあり方を多角的に考えるイベントです。サイエンスに関して知りたいこと、考えていること、語りたいことがある一般市民から、科学者・研究者、政府・行政関係者まで、多様な人が集います。今年のサイエンスアゴラは、会期を4日間に延長し、出展企画数も約150と、過去最大規模での開催となります。科学の面白さを伝える展示やワークショップ、科学技術に関する問題を共に考えるシンポジウムやトークセッションなど、サイエンスを楽しみ、考えるための企画を数多く開催します(別紙)。

科学技術には、「難しい」、「専門家にまかせておけばいい」といったイメージがありますが、本イベントでは、立場の異なる人たちがコミュニケーションを取り合うことにより、科学技術への理解を深め、科学技術がもっと身近な文化となることを目指します。

※ 出展企画一覧は後日改めてプレス発表にてお知らせします。

<開催概要>

日程 平成21年10月31日(土)〜11月3日(火・祝)
場所 国際研究交流大学村
(東京国際交流館 東京都江東区青海2-79)
(日本科学未来館 東京都江東区青海2-41)
(産業技術総合研究所 臨海副都心センター 東京都江東区青海2-41-6)
主催 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
参加費 無料(一部企画で材料費などの実費をいただくことがあります)
参加方法 原則として参加自由ですが、一部、事前に参加登録が必要な企画があります。事前参加登録は10月初旬より下記ホームページにて随時受け付けます。
ホームページURL:http://www.scienceagora.org/
共催 日本学術会議、国際研究交流大学村(東京国際交流館、日本科学未来館、独立行政法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター)
後援 文部科学省、農林水産省、独立行政法人 国立科学博物館、独立行政法人 日本学術振興会、独立行政法人 理化学研究所、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構、自然科学研究機構 国立天文台、財団法人 日本科学技術振興財団科学技術館、ブリティッシュ・カウンシル、東京都教育委員会、全国中学校理科教育研究会、日本大学芸術学部(以上、予定を含む)

<添付資料>

別紙:『サイエンスアゴラ2009』企画抜粋

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 科学コミュニケーション推進本部 科学ネットワーク部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:渡辺 政隆(ワタナベ マサタカ)、菅原 剛彦(スガワラ タケヒコ)
Tel:03-5214-7493 Fax:03-5214-8088
E-mail: