科学技術振興機構報 第59号
平成16年5月13日
埼玉県川口市本町4−1−8
独立行政法人 科学技術振興機構
電話(048)226-5606(総務部広報室)
URL:http://www.jst.go.jp/

独立行政法人科学技術振興機構
「研究成果活用プラザ京都」の開館等について

1 概要
 独立行政法人科学技術振興機構(理事長 沖村 憲樹)は、地域における大学等の独創的な研究成果を基に「産学官の交流」及び「産学官による研究成果の活用」を推進し、技術革新による新規事業の創出を図り、我が国の経済活性化に資するため、活動拠点として全国に「研究成果活用プラザ」の設置を行っております。
 「研究成果活用プラザ京都」は8番目の活動拠点として、京都市西京区の「桂イノベーションパーク」内において建設工事を進めてきました。このたび5月20日をもちまして開館を迎えることとなり、以下のとおり開館記念式典を催すこととなりました。
 
2 開館式典の内容
・日時 平成16年(2004年)5月20日(木)午前10時30分から (午前10時受付開始)
・場所 研究成果活用プラザ京都1階(セミナー室)
(京都市西京区御陵大原1-30 TEL 075-383-1300)
・式典の内容 別紙資料1のとおり
 
3 研究成果活用プラザ京都の概要
別紙資料2のとおり
 
4.本件に関するお問い合わせ先
独立行政法人科学技術振興機構 地域事業推進室
担当:齊藤(さいとう)、和木(わき)
TEL 048-226-5615  FAX 048-226-5666
 
5 その他〜育成研究の課題募集について
 研究成果活用プラザ京都の業務開始に伴い、プラザ京都にて行う事業化に向けた育成研究の課題募集を5月21日(金)から開始します。
 大学等の研究成果で事業化が望まれる課題について、大学等の研究者と事業化を希望する企業および機構が共同して実用化に向けて育成研究をするものです。
 詳細は5月21日(金)にプラザ京都ホームページにて公表しますので、ご参照ください。
 
別紙資料1 「研究成果活用プラザ京都」開館記念式典について
別紙資料2 研究成果活用プラザ京都の概要
 
■ 戻る ■


This page updated on May 13, 2004

Copyright©2004 Japan Science and Technology Agency.