JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1117号
科学技術振興機構報 第1117号

平成27年7月23日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)

「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」
平成27年度採択機関の決定について

JST(理事長 中村 道治)は、平成27年度より新たに開始した「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」の採択機関を決定しました(別紙1)。

「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」は、学校・教育委員会と大学などが連携・協働し、中高校生自らが課題を発見し、科学的な手法にしたがって進める「科学研究実践活動」の継続的な取り組みを推進することを目的とした事業です。

生徒が科学研究実践活動を通して、主体的に学ぶ力を深化・発展させ、科学技術への意欲と能力を伸ばすことを支援します。

このプログラムでは、生徒の研究活動への指導を通して教員の指導力の向上を図る取り組みや、学校や地域が、優れた研究成果を生み出す環境と、研究活動の継続を可能にする効果的な取り組みを整備することを目指します。

支援対象期間は最大3年度間、支援金額(上限)は1年あたり、①研究指導力向上型は1,000万円、②学校活動型は、高等学校50万円、中学校30万円です。

本年度は平成27年2月19日(木)から同年6月19日(金)まで公募を行い、研究指導力向上型7件、学校活動型163件の応募がありました。その中から外部有識者で構成される委員会(別紙2)にて審査を行い、研究指導力向上型5件、学校活動型115件の採択を決定しました。

なお、事業の詳細については下記のホームページをご覧ください。

ホームページURL:http://www.jst.go.jp/cpse/jissen/

<添付資料>

別紙1:「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」 平成27年度採択機関・企画一覧

別紙2:中高生の科学研究実践活動推進プログラム推進委員会 委員一覧

参考:「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」 平成27年度募集の概要

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 理数学習推進部 能力伸長グループ
〒332-0012 埼玉県川口市本町4丁目1番8号
河崎 泰介(カワサキ タイスケ)、岩本 泰典(イワモト ヤスノリ)
Tel:048-226-5671 Fax:048-226-5684
E-mail: