JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第1097号 > 参考1
参考1

平成27年度 募集の概要

1.プログラムの目的

本プログラムは、国内外に散在しているライフサイエンス分野のデータやデータベースの共有を強力に促進し、公共財として誰もが自由に活用できるようにするとともに、生物種やプロジェクトを超えて幅広い統合化を実現することにより、より多くの分野の研究者、開発者、技術者に簡便に利活用できるようにして、データの価値を最大化することを目指しています。すなわち、データの共有、統合を通して、日本のライフサイエンス研究の成果をあまねく行き渡るようにするとともに、それを十分に活用できる環境を構築することにより、ライフ分野におけるイノベーションを促すことが本プログラムの目的です。

2.選考の観点

(対象とするデータベースに関して)

ア.データベースとしての重要性

イ.データベースとしての汎用性、国際性

ウ.データベースの公開、データの再配布

エ.データベースの実現可能性、持続性

オ.既存課題データベースとの接続性、補完性

(研究開発課題を推進するための研究開発体制に関して)

カ.研究開発体制の適切性

キ.研究開発費執行の適切性

ク.人材育成への考慮

3.研究開発期間

3年(平成27年4月1日〜平成30年3月31日)

4.研究開発費の規模

1件あたり3,000万円程度〜5,000万円程度/年