JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1013号
科学技術振興機構報 第1013号

平成26年3月18日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)

「次世代科学者育成プログラム」
平成26年度採択機関の決定について

JST(理事長 中村 道治)は、「次世代科学者育成プログラム」(平成24年度より実施)における平成26年度採択機関を決定しました(別紙1)。

次世代科学者育成プログラムは、将来有望な科学技術人材の育成を目的として、理数系分野に卓越した中学生などの意欲や能力を、さらに伸ばすことに重点を置いた教育プログラムの実施や開発を支援するものです。大学などが主に中学校(小学校第5・6学年の児童を含むことも可能)の生徒を対象に、連携機関、特に教育委員会の主体的な参画を得て、理数分野に関して高い意欲・能力をもつ生徒などを発掘し、さらに伸ばしていく体系的教育プログラムの開発に向けた取り組みを支援します(1件あたりの支援費:400万円 支援期間:1年)。

本年度は、平成26年1月15日(水)から同年2月17日(月)の期間に募集を行い、16件の応募がありました。その後、外部有識者で構成される委員会(別紙2)にて審査を行い、5件の機関を決定しました。

なお、事業の詳細については下記のホームページをご覧ください。

ホームページURL:http://www.jst.go.jp/cpse/fsp/

<添付資料>

別紙1:次世代科学者育成プログラム 平成26年度採択機関・取組一覧

別紙2:次世代科学者育成プログラム推進委員会 委員一覧

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 理数学習支援センター 教員支援担当
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
大瀬 勝寿(オオセ カツヒサ)、山岸 恒夫(ヤマギシ ツネオ)、小林 洋(コバヤシ ヒロシ)
Tel:03-5214-7634 Fax:03-5214-8430