お知らせ
平成15年2月12日
独立行政法人物質・材料研究機構
独立行政法人防災科学技術研究所
独立行政法人航空宇宙技術研究所
日本原子力研究所
理化学研究所
科学技術振興事業団

第3回ITBLシンポジウムの開催

―仮想研究所の実現に向けて―

1. 開催の趣旨
 ITBL(IT-Based Laboratory)計画とは、国内研究機関の所有する計算資源(スパコン、ソフトウェア、データベース等)を大容量ネットワーク上で共有して、高度なシミュレーション等を行う仮想研究環境を構築する計画です。
ITBLシンポジウムは、ITBL計画の目標や内容について国内の研究者・技術者に幅広く周知することを目的として、これまでに2回(第1回:平成13年11月東京、第2回:平成14年6月京都)開催し、第1回は計画の概要紹介、第2回は情報基盤技術と外部有識者からのITBLへの期待・要望を中心に議論してきました。
第3回目となる今回のシンポジウムでは、様々な分野におけるITBLの応用研究(アプリケーション)や、情報基盤技術研究の成果について紹介します。また、ITBL計画はオープンな活動として広く研究者等の参加に門戸を開いており、その一環として東北大学の金属材料研究所と流体科学研究所からの講演もあります。
さらに、このような研究開発を進めるにあたっては、研究実施者間において研究資源の相互利用、情報の流通等が効率的に行われ、かつ新規参加希望者に門戸を開くなど、ネットワークを通して拡がる知の集約と普及を図る体制の検討も不可欠です。今回のシンポジウムでは、ネットワークを活用した新しい研究スタイルの雛形を目指して昨年8月に締結したITBL計画実施者(今回主催の6機関)間の協力協定についても紹介いたします。
2. 開催の日時及び場所
開催日時: 平成15年2月17日(月)10:30〜18:00(開場10:00)
開催場所: 〒135−0064 東京都江東区青海2丁目41番地
日本科学未来館7F みらいCANホール
3. 主催
 独立行政法人物質・材料研究機構、独立行政法人防災科学技術研究所、
独立行政法人航空宇宙技術研究所、日本原子力研究所、理化学研究所、科学技術振興事業団
4. プログラム
 別紙参照
5. 定員
 300名(参加費は無料)
6. その他
 参加登録及び詳細は下記URLを参照ください。
http://www.itbl.jp
問合せ先
 日本原子力研究所 計算科学技術推進センター 大谷 孝之
電話:029−284−3784 FAX:029−282−6070




This page updated on February 12, 2003

Copyright©2003 Japan Science and Technology Corporation.