科学オリンピック

  エンブレムのダウンロードはこちら >> 教科系コンテスト
日本科学オリンピック委員会

産学官が協働する科学オリンピック

従来より、各科学オリンピックでは産学官の様々な主体のサポートを受けて運営しています。
今後の維持・発展に向けて、一層の連携体制の充実が必要と考えております。
図_科学オリンピック

日本科学オリンピック委員会

今後日本の持続的な発展には、イノベーションを担うグローバルに活躍できる科学系人材の育成が必要です。私たちは、独自の有機的なネットワーク(企業、教育委員会、地域、団体等)を形成し、未来に求められる国際社会に対応できる科学系人材育成を推進しています。
科学オリンピック各運営機関とJSTは、以下の2点の実現を目的とした「日本科学オリンピック委員会」を新年度より発足させます。

1.一体的アプローチによる「科学オリンピック」のブランドと訴求力の向上
2.「科学オリンピック」全体への横断的なサポートに対する受け皿を具現化

図_日本科学オリンピック委員会

公式エンブレムデザインが決定しました

企業協働パートナーの利点

特設サイト等での社名掲載や登壇機会等を提供

人材育成への貢献

企業ブランドの向上
 ー CSR活動を実践し、科学や教育振興に貢献する企業としてのイメージの醸成

優れた資質・能力を持つ参加生徒へのアプローチ
 ー 長期的に優れた人材獲得の可能性

※個々の大会へより深く関与したい場合は、従来通り各大会への協賛等としてご協力をいただきます。

日本科学オリンピック委員会メンバー

公益財団法人 数学オリンピック財団
公益社団法人日本化学会
公益財団法人日本科学技術振興財団(日本生物学オリンピック)
特定非営利活動法人 物理オリンピック日本委員会
特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会
特定非営利活動法人 地学オリンピック日本委員会
公益社団法人 日本地理学会

お問い合わせ

〒332-0012 埼玉県川口市本町四丁目1−8
国立研究開発法人 科学技術振興機構 理数学習推進部 才能育成グループ
TEL 048-226-5665  FAX 048-226-5684
e-mail is-cont◎jst.go.jp
※メール送信の際は"◎"を"@"に変更ください。迷惑メール防止にご協力ください。