JSTトップ > 目利き人材育成プログラム > 研修コース紹介

研修コース紹介

令和2年度 実施予定の研修コース

令和2年度の目利き人材育成プログラムでは、下記の研修コースを実施予定です。
全コース研修参加費及び使用教材費は無料です。但し、研修会場までの交通費や宿泊費等は自己負担となります。
研修タイプ プログラム名[受講対象]
実務研修 バリュープロデュースコース
[コーディネータ・研究者等]
研究推進マネジメントコース
[大学職員・URA等]
起業環境整備支援コース
[コーディネータ・研究者・URA等]

バリュープロデュースコース

本コースでは、コーディネート活動に必要な知識とスキルを習得し、技術移転活動を全体俯瞰できる人材を育成します。

カリキュラム

ケース事例(JSTの実際の技術シーズを予定)を基に事業化のプロセスに沿って全体を俯瞰しながら、様々な分析手法を用いた多面的な検討を通じ、参加者自身の今後の技術移転活動へ役立てることをねらいとします。

参加対象者

大学等・企業において産学官連携に関わり、研究推進を行う研究者やコーディネート活動に従事している方、または研究支援あるいは事業化支援を行っている方

特長

● 1グループあたり6~7名の少人数制
● 事前に課題を出して事前検討を行う
● 座学による基礎知識の習得に加えテーマ討論形式のグループ討議を通じて、実際の産学官連携実務の現場で役立つスキルや気づきを習得
● 経験豊富な現役実務者が各グループのグループ討議担当講師となり、実践型の議論をファシリテート
● 対話型のグループ討議を通して、受講者間での人的ネットワークの構築を図る
● 全課程受講者には修了証を授与

課程

第1回~第6回(2日間連続×3回(東京開催))
※令和2年度の募集は終了しました。

研究推進マネジメントコース

本コースでは、産学官連携・技術移転業務を推進するための基礎知識とスキルを体系的に習得します。

カリキュラム

2日間の座学講義を中心としたカリキュラムになっており、産学官連携・技術移転業務を推進するために必要な基礎知識の体系的な習得を目指します。

参加対象者

大学等の知的財産本部等の部署に所属し、産学官連携に関わり研究推進を行う大学職員または産学官連携・技術移転業務の支援事務に携わる専門職員、URAの方

特長

● 事前に課題を出して事前検討を行う
● 座学による基礎知識の習得を通じて、研究推進における現状の課題と改善策を考え、所属組織に戻ってからの業務改善に資する気づきを習得
● 経験豊富な現役実務者が講義講師となり、質疑応答形式で課題解決への糸口をつかむ

課程

A課程・B課程(2日間連続×1回(東京開催))
※令和2年度の募集は終了しました。

起業環境整備支援コース

本コースでは、利益相反や事業リスクを知り、起業のための環境構築に必要な知識の体系的な習得を目指します。

参加対象者

産学官連携に従事する方のうち、大学等で起業を目指す研究者およびその支援業務に携わっている方

特長

● 1グループあたり6~7名の少人数制
● 事前に課題を出して事前検討を行う
● 座学による基礎知識の習得に加えグループ討議を通じて、実際の実務の現場で役立つスキルや気づきを習得
● 経験豊富な現役実務者が各グループのグループ討議担当講師となり、実践型の議論をファシリテート
● 対話型のグループ討議を通して、受講者間での人的ネットワークの構築を図る
● 全課程受講者には修了証を授与

課程

A課程~D課程(2日間連続×2回(東京開催))
※7月上旬募集開始予定