特集産学連携に関する2022年度予算

文部科学省 
地域中核・特色ある研究大学の振興について~社会実装関係を中心に~

文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域振興課

2022年3月15日

  • Twitterを開く
  • Facebookを開く
  • LINEを開く
  • 印刷ボタン

■地域中核・特色ある研究大学の振興について

イノベーションを生み、経済社会を成長させるためには、大学の機能強化を地方の活性化につなげることが重要であり、2021(令和3)年8月開催の総合科学技術・イノベーション会議にて、地域の中核大学への必要な政策パッケージについて今年度中にとりまとめるよう当時の菅総理から指示があった。その後、2022(令和4)年2月開催の同会議にて「地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージ」が決定された(図1)。

図1
図1 地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージの概要

本パッケージは、地域の中核大学や特定分野の強みを持つ大学が、「特色ある強み」を十分に発揮し、社会変革を牽引(けんいん)する取り組みを強力に支援し、実力と意欲を持つ大学の個々の力を強化するのみならず、先進的な地域間の連携促進や、社会実装を加速する制度改革などと併せて、政府が総力を挙げてサポート、さらに、地域社会の変革のみならず、わが国の産業競争力強化やグローバル課題の解決にも大きく貢献していくような支援を行っていくために関係府省の施策をまとめたものである。

本パッケージは、①大学自身の取り組みの強化、②繋ぐ仕組みの強化、③地域社会における大学の活躍の促進という三つの内容により構成されており、これらを通じて、地域の中核大学や特定分野の強みを持つ大学の機能を強化することで、成長の駆動力へと転換し、日本の産業力強化やグローバル課題解決にも貢献するような大学の実現を目指す。

特に「①大学自身の取り組みの強化」は、基盤的経費や競争的研究費(人材育成、基礎研究振興、産学連携促進)による、大学の強みや特色を伸ばす事業間の連携や大学改革と連動した研究環境改善の推進、特定分野において世界的な拠点となっている大学への支援強化、人材育成や産学官連携を通じた社会課題解決・地域貢献を意図した、地域ニーズを踏まえた質の高い人材育成システムへの転換支援や、産学官連携拠点、スタートアップ創出支援、大学マネジメント人材育成・確保策の充実、といった大学への支援内容を含んでいる(図2)。

図2
図2 地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージのうち「①大学自身の取り組みの強化」の概要

■社会実装に向けた取り組みへの支援について

本パッケージの中では社会実装の取り組みとして産学官連携拠点の形成や、スタートアップ創出の支援などを行うことになっている。そのため文部科学省(文科省)の産学官連携施策では、産学官連携拠点の形成の取り組みを「共創の場形成支援」(2022年度予算額(案):約138億円)で行う。本事業はウィズ・ポストコロナ時代を見据えつつ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のありたい社会を拠点ビジョン(地域共創分野では地域拠点ビジョン)として掲げ、その達成に向けた、バックキャストによるイノベーションに資する研究開発と、自立的・持続的な拠点形成が可能な産学官連携マネジメントシステムの構築をパッケージで推進する。

共創の場形成支援のうち「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」においては、国の政策方針に基づき文科省が対象分野を設定する「政策重点分野」、国レベルやグローバルレベルの社会課題の解決を目指す「共創分野」を設置しており、さらに2021年度からは、地域大学等を中心とし、地方自治体、企業などとのパートナーシップによる、地域の社会課題解決や地域経済の発展を目的とした、自立的・持続的な地域産学官共創拠点の形成を行う「地域共創分野」も設置している。また、各分野には拠点ビジョンに基づく研究開発課題とそれを支える産学官共創システムを一体的に推進する「本格型」、共創分野と地域共創分野には本格型に加え、本格型へのステップアップを目指す「育成型」を設定し、準備状況や現状体制などに応じた最適な提案を可能としている。

また、スタートアップ創出の支援については、「大学発新産業創出プログラム(START)」のうち「大学・エコシステム推進型」(2022年度予算額(案):約10億円)で行う。本事業では、2020(令和2)年度に政府が選定したスタートアップ・エコシステム拠点都市において自治体・産業界と連携し、大学等における実践的なアントレプレナーシップ教育やギャップファンドを含めた一体的な起業支援体制の構築による起業支援の強化を行う。また、拠点都市に参画する全⼤学でオンラインを含むアントレプレナーシップ教育を実施するなど、わが国全体のアントレプレナーシップの醸成や、デジタル技術を含む、大学等の有望なシーズを活用した、ポストコロナの社会変革も見据えた成長性のある大学等発スタートアップ創出力の強化も推進する。