リポート大学の産学・社会・地域連携窓口紹介

北見工業大学

2022年2月15日

  • Twitterを開く
  • Facebookを開く
  • LINEを開く
  • 印刷ボタン

部門・部署

北見工業大学 学術推進機構 社会連携推進センター

所在地

〒090-0013 北海道北見市柏陽町603 番地2(社会連携推進センター)
〒090-8507 北海道北見市公園町165 番地(北見工業大学メインキャンパス)

お問い合わせ

  • 電 話 0157-26-4161
  • フォーム https://www.crc.kitami-it.ac.jp/contact/

スタッフ

  • センター長/教授       藤井  享
  • 教員/教授          内島 典子
  • 教員/准教授         三枝 昌弘
  • 研究協力課/課長       柴田 俊成
  • 研究協力課/副課長      松沼 拓夫
  • 研究協力課地域連携担当係長  山本  至
  • 研究協力課産学連携担当    泊   晋
  • 研究協力課事務補佐員     木村 朋恵

取り扱い内容

技術相談/シーズ・ニーズコーディネート/共同研究/受託研究/研究プロジェクト支援/技術広報

特徴

北見工業大学が位置する北海道東部のオホーツク地域は、知床世界自然遺産に代表される自然溢れる環境にある。これらの自然は地球規模の環境の観点からも世界から注目されている。そして日本の食文化を支える豊かな大地に恵まれている。北海道の中でも特に寒い地域であり、夏と冬との気温差が60℃以上に及ぶ。自然エネルギーをはじめとする代替エネルギー源が豊富である。北見工業大学はそれらを舞台とする様々な研究を推し進めている。

北見工業大学は、従来から学外の皆さまと種々の形態で連携し、「地域連携・ 社会貢献」「共同研究推進・研究支援」の機能強化を目的とし、産学官連携活動を推進している。

社会連携推進センターは、大学が持つ「研究」機能を社会のために活用すべく、研究者個々の持つシーズを社会のニーズとのマッチングを図る窓口・コーディネート業務や、種々の社会貢献・地域貢献に関する窓口として、北見工業大学の産学官連携活動を推進するセンターである。

「産学官連携・地域連携を推進するすべての活動においてご活用ください。」

注)2022年2月15日現在の情報です。組織改編、スタッフの異動などで変更となる場合もあります。