特集大学発ベンチャー表彰2021

大学発ベンチャー表彰2021

国立研究開発法人科学技術振興機構 起業支援室 原口 智全

写真:国立研究開発法人科学技術振興機構 起業支援室 原口 智全

2021年10月15日

  • Twitterを開く
  • Facebookを開く
  • LINEを開く
  • 印刷ボタン

■大学発ベンチャー表彰2021 文部科学大臣賞にハートシード、経済産業大臣賞にリージョナルフィッシュ

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「大学発ベンチャー表彰2021」の受賞者を決定した。昨年度の開催から引き続き本年度もコロナ禍での受賞決定となったため表彰式は開催せず、賞状・賞牌(しょうはい)の授与を受賞企業各社に対して行った。

大学発ベンチャー表彰制度は2014(平成26)年度に創設され、今回は第8回となる。大学等*1の成果を活用して起業した大学発ベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーと、特にその成長に寄与した大学や企業などを合わせて表彰することで、大学等における研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業などから大学発ベンチャーへの支援や協力がより一層促進されることを目指している。今年度の応募総数は38社。外部専門家で構成された選考委員会によるウェブ面接選考などを経て6社のベンチャー企業が受賞した。

大学発ベンチャー表彰2021 受賞者

文部科学大臣賞のHeartseed(ハートシード)は心臓移植しか抜本的な治療法がない重症心不全に対して、心筋再生医療を実用化すべく研究開発を行っている。iPS細胞を用いた心筋再生医療で心臓病治療に対して新たな扉を開こうとしている企業であり、実用化されれば心不全患者の心機能の長期的な改善に寄与することが期待されている。高い技術力と海外大手企業との積極的な連携関係構築などのグローバル展開を含めた戦略的取り組みは、日本の再生医療ベンチャーにおけるロールモデルとなり得ると考えられ、今後大きく成長することが期待される。

経済産業大臣賞のリージョナルフィッシュは水産物の品種改良×スマート養殖を組み合わせた次世代養殖システムを構築し、日本の水産業の変革を目指している。この分野はこれまで大手企業が参入してこなかった領域でもあるが、多くの大学および事業会社を巻き込んだオープンイノベーション型大学発ベンチャーとして市場を果敢に開拓している。今後新たな市場創造を起こし、大きく成長することが期待される。

JST理事長賞のオリシロジェノミクスは無細胞系による長鎖環状DNAの連結・増幅技術を用いた各種製品・サービスの提供を行っている。細胞を使わずに長鎖DNAを増幅するという革新的な技術に基づいた製品・サービスを提供しており今後の成長が期待される。また、日本だけではなく海外での事業展開を目指しグローバルでの企業体制を構築している点も高く評価された。

NEDO理事長賞のRapyuta Robotics(ラピュタロボティクス)はクラウドロボティクスプラットフォームの開発およびロボティクスソリューションの提供を行っている。クラウドロボティクスプラットフォームを活用し、物流現場におけるロボティクスの普及を加速させるベンチャー企業である。物流市場における顧客ニーズを的確に把握し最適なソリューション提供をハードおよびソフトの両面から確実に行えている点が評価された。

日本ベンチャー学会会長賞のマトリクソームは細胞外マトリックスタンパク質を用いた細胞培養用基質の研究開発と販売を行っている。大阪大学の寄付研究部門で得られた研究成果を元にマトリクソームで応用開発研究を行い実用化、その後製品開発と実製造を支援企業であるニッピが行い、完成した商品をマトリクソームに販売委託する、というアカデミアと企業の研究ネットワークを活用する特色ある経営が評価された。

大学発ベンチャー表彰特別賞のRTi-cast(アールティーアイキャスト)は地震時に即時的に津波浸水被害予測を行う世界初のシステムによる津波災害情報配信およびシステムの構築・運用を行っている。津波災害の減災に貢献することをミッションとしており、その社会性・公共性の高さ、産学連携・オープンイノベーション型の事業として評価された。社会性・公共性の高いテーマに挑戦する大学発ベンチャーのロールモデルとなることが期待される。

なお、本年度は経営者が40歳未満かつ設立後3年以内のベンチャー企業を表彰するアーリーエッジ賞の該当者は無しであった。

大学発ベンチャーが創出され、成長し、社会にイノベーションもたらすまでの過程においては、産学官による息の長い支援が必要である。本表彰制度が、そうした支援体制のより一層の整備のための一助になれば幸いである。

*1:
国公私立大学、高等専門学校、国公立試験研究機関、国立研究開発法人、公益法人などの非営利法人
本文に戻る