特集大学発ベンチャー表彰2020

新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞
「音×AI」の最新技術を誰もが利用できる世界を作りたい

Hmcomm株式会社 代表取締役CEO 三本 幸司

写真:Hmcomm株式会社 代表取締役CEO 三本 幸司

2020年10月15日

  • Twitterを開く
  • Facebookを開く
  • LINEを開く
  • 印刷ボタン

音声認識・自然言語処理技術にベースとなる強みを持っており、そこにAIを活用することで幅広く得意とする技術の活用できることが評価できる。労働生産性の向上という社会的課題の解決のために求められる技術であり大きく成長することが期待される。

「音×AI」での可能性を追求

Hmcomm(エイチエムコム)株式会社(以下、当社)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)発のベンチャー企業として、ディープラーニングを用いた音声処理技術、自然言語解析処理を用いた要素技術の研究・開発、ソリューション・サービスの提供を行っております。主なサービスは、①音声認識処理、自然言語解析処理を用いたAI(人工知能)音声認識ソリューション群と、②異音検知解析処理を用いたプラットフォームの提供となります。

創立当時からデータ分析・AIアルゴリズム構築をコアコンピタンスとして、製造・通信・流通・金融などさまざまな業界におけるプロジェクトで社会貢献に取り組み、現在では50人以上のリサーチャー(研究者)を擁するスペシャリスト集団に成長しております。今後もこれまでのプロジェクトで培った、分析・技術ノウハウを用いて、AIコンサルティング、アルゴリズム構築、開発を提供することで新たな価値を創出して社会貢献を目指してまいります。

特に、異音検知事業については業界業種・利用形態などを問わないものであり、日本社会の課題解決と発展に大きく貢献するものだと考えております。例えば、「故障予兆検知」などが可能となりますが、これは単に人間の作業を人工知能に置換するだけでなく、「職人による属人的なノウハウを可視化」して画一的なサービスの提供ができることから、労働力減少や事業承継の対策にもなり得る可能性がございます。

非属人化をAIによって実現することで、人手不足解消、橋梁(きょうりょう)・トンネル・舗装道路のような社会インフラ保守による安全提供や、故障予兆検知による生産性向上、医療分野への活用による健康寿命の引き上げ、音の警備による治安維持など、本技術が社会に活用できる場面は多いと考えております。

研究から社会実装へ 資金繰りとの闘い

当社は2014年に産総研から音の知財を社会実装するベンチャー称号付与が行われました。このことが転機となり、会社のビジョンを「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」と制定し、これを実現するべく「音」に着目した研究開発型企業として、産総研発ベンチャーHmcomm株式会社はスタートいたしました。

創業時には、特に自社開発のための資金調達に苦心しました。産総研の音声認識エンジンを保有しているのみではお客様に相手にされず、製品を自社開発して初めて評価されるものでした。受託開発ではないため金銭的にとても苦労し、受注や開発に遅れが生じるとすぐに底を突く資金との駆け引きを繰り返すことになります。出資依頼のために、ベンチャーキャピタルや信用金庫に事業計画書を提出したとしても、「実績あるの?」、「3カ月後にまた」、「この段階だと投資委員会に出せない」などとほとんど相手にしてもらえませんでした。こういった状況においても、着実に成果を積み上げる中で製品を利用していただけるようになることで、少しずつ資金繰りが改善したと同時に、最もつらい時期であったと考えております。

音の最新技術を誰もが利用できる世界を作りたい

私たちは、「音声認識・異音検知」について、これら技術を民主化して誰でも簡単に利用できる世界を作りたいと考えています。音声認識技術を社会実装することは非常に難しいものです。しかしながら、産総研から技術移転を受けたテクノロジーをベースに事業をスタートできたことに加えて、人的・技術的な支援を惜しみなく提供していただていることもあり、苦労はありましたが社会実装できるレベルまで達成することができました。

「キーボードレスな社会を作りたい」というミッションを掲げて、それを全社員で共有しながらまだ見ぬ新技術に対して日夜研究開発に励んでいます。当社は従業員60人程度の小さな会社ですが、音声AI分析分野においては大手企業に負けず劣らずの高い技術力を保有していると自負しております。しかしながら、知名度、広告力、営業力はまだ成長の余地が多くあると考えます。それゆえに、これからより一層その目標に対して邁進(まいしん)し、最新技術の浸透により社会貢献に努めていかなければならない責任も感じています。

―――先端技術と既存技術を擦(す)り合わせて、既存の伝統あるマーケットの常識をわれわれの手でリプレイスをしたい。

それがベンチャーの強みでもあり、Hmcommの使命であると考えております。