リポート

少人数でも設置と移設が簡単な大型罠

兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授/兵庫県森林動物研究センター 主任研究員 
山端 直人

写真:兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授/兵庫県森林動物研究センター 主任研究員 山端 直人

2020年04月15日

  • Twitterを開く
  • Facebookを開く
  • LINEを開く
  • 印刷ボタン

プロジェクトのきっかけ

全国の鳥獣による農林業被害(獣害)は依然として深刻であり、営農意欲の低減やそれに起因する離農などを含めると、その影響はさらに深刻な状況である。被害の原因となるシカなどの野生動物の個体数も増加傾向にある地域が多いが、獣害が多発する地域は山間地域が多く、人口減少による捕獲の担い手減少も深刻である。

一方、高密度化したシカの捕獲には、小型の箱罠や括(くく)り罠など従来の捕獲技術に加え、多頭を集約的に捕獲可能な大型檻(おり)も重要である。しかし、現在普及している大型檻は金属性の金網や鉄筋を用いた、強固ではあるが重量の大きいものが大多数である。これらの設置には労働負担が非常に大きく、高齢化と人口減少が進む農山村での運用が困難となっている。そのため、当プロジェクトではネットを中心とした軽量な資材を用い、少人数の高齢者でも設置と移設作業が容易な大型罠を開発した。

なお、開発は農林水産省の研究プロジェクトである「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト)の「ICTを用いた総合的技術による、農と林が連動した持続的獣害対策体系の確立」プロジェクト(研究代表機関:兵庫県立大学)により、兵庫県立大学、三重県農業研究所、株式会社試作サポーター四日市の共同開発で行った。

開発した機材の概要と仕組み

開発した新たな檻(以下、大型ネット檻)は次のような特徴を持つ。

  • ①高さ×幅×奥行は1.2m×2.5m×3.0mであり、シカが警戒せずに侵入可能な高さと、捕獲時に容易に逃げられない奥行、そして、複数のシカが捕獲できるよう、横幅も確保できるサイズとなっている。実証ではシカが4頭までは同時に侵入可能であることが確認できた(写真1)。
  • 写真1
    写真1 開発した大型ネット檻
  • ②金属線を編み込んで強度を増したネットと、金属製のゲート枠から構成される。ネットは箱型に成形されており、鉄管パイプで外枠を作って吊り下げることで自立可能である(写真1)。
  • ③通常の金属製箱罠や大型罠は、罠の大きさにかかわらず野生動物の侵入ゲートは1.0m×1.5m程度である。群れをつくり高密度化するシカの場合、同時に多頭捕獲するにはこの侵入ゲートの大きさも重要と考えられ、箱型に成型したネットの全面が侵入ゲートとなる構造である。これにより、シカは縦列ではなく並列で檻に侵入するため、同時に多数のシカを捕獲しやすい構造である(写真1)。
  • ④別途開発し実用化されている、ICTによる檻罠の遠隔監視・操作システム「クラウドまるみえホカクン」を使用し、遠隔で監視しながら檻を操作して捕獲するため、ゲート部分は永電磁ホルダーによる電気的なオン・オフで落下させる。
  • ⑤設置にかかる時間は、金属製の通常の囲い罠が大人5名程度で約60分近くかかるのに対し、開発した大型ネット檻は大人2名で約40分と、設置労力を大幅に削減することができた(表1)。
  • 表1 既存の大型檻との比較
    表1
  • ⑥クラウドまるみえホカクンを併せて使用した現地試験では、1回の捕獲で最大4頭を捕獲することができた。ゲートが落下すると枠を残し箱型のネット檻全体が落下し、捕獲したシカにかぶさる。そのため、捕獲されたシカは自由な動きを抑制され、逃げられにくくなる。結果的に、5回程度の捕獲実証でネットがシカに破られるなどの問題は生じなかった(写真2)。
  • 写真2
    写真2 現地試験の様子
  • ⑦設置だけでなく、移設の作業性も高めるため、軽トラックのみで運搬可能なサイズとしている。煩雑な分解や組み立ての労力を可能な限り削減するため、最も大きなパーツであるゲート枠を簡単に分割し、そのまま荷台に積載可能な構造としたことで、移設作業も容易とすることができた(写真3)。
  • 写真3
    写真3 軽トラック荷台に積載した様子

技術の普及方法や今後の展望

開発した大型ネット檻は、試作サポーター四日市、三重県農業研究所、兵庫県立大学の共同で特許出願済である(特願2019-009950)。

使用に当たっては、遠隔での監視と操作が可能なシステムとの併用が望ましく、本研究で開発したクラウドまるみえホカクンと組み合わせた導入が効果的である。

試作サポーター四日市が製作し、クラウドまるみえホカクンの販売者でもある株式会社アイエスイー(三重県伊勢市)が販売と設置も担うことで全国的にも普及可能である。

なお、イノシシはネットを破り脱出することが懸念され、この大型ネット檻はシカの捕獲専用としている。

2020年4月目次

特集
リポート
巻頭言
視点
編集後記