視点

れんがを横に積む

北陸先端科学技術大学院大学 産学官連携総合推進センター 教授 山本 外茂男

2018年1月15日

  • Twitterを開く
  • Facebookを開く
  • LINEを開く
  • 印刷ボタン

ことしのサッカーJ1リーグは劇的な結末であった。川崎フロンターレが最終節に勝ち点で並び、実に得失点差で初優勝を勝ち取った。今回のフロンターレ優勝はJリーグで特別な意味があるという。それは、鹿島や浦和などのJリーグスタート時点のいわゆるビッグ10のチームではなく、J2から昇格し、観客も増え、サポーターと共に成長してきたフロンターレがタイトルを取ったことだ。

フロンターレのクラブ哲学は「3-1で勝つ」ことだ。「ロースコアで確実に勝ち切るのではなく、より多くのゴールを奪って勝ちにいく」志である。元日本代表監督岡田武史氏は「右肩上がりでは強くならない。れんがを高く積み上げれば必ずどこかで崩れる。れんがは、どこかで横に積まなければいけない時がある」と言う。「攻撃的なサッカー」を旗印にれんがを積み続けたからこそ、これだけの大きな家が建ったのだろう。

「イノベーションは、長期的に持続する人間関係や共同体的な組織から生まれる」という。イノベーションを起こすには、そのために必要な投入資源を正当化する目的意識、価値意識が必要になるが、そうした理由を共有できるのは、やはり長期的に持続する人間関係と信頼で成り立つ強力な組織ではないだろうか。