JSTトップ > 産学連携・技術移転 > イノベーション・ジャパン 大学見本市 > 【重要】2022年開催の変更点

【重要】2022年開催の変更点

より多くの大学等機関に産学マッチングの場を提供!
イノベーション・ジャパン~大学見本市Onlineが変わります
オンライン開催3年目を迎え様々なご要望に応えるべく、イノベーション・ジャパン大学見本市は以下の変更を行います。

大学等シーズ展示の出展審査はなし & 1大学あたりの出展数上限を設定

大学等シーズ展示の出展審査はなし、また1大学あたりの出展数上限を設定
今年度は出展審査を行いません。
出展条件は該当技術シーズが知的財産権取得済みまたは出願中であること、
出展研究者が会期終了まで出展大学等機関に所属していることとします。

また、一大学あたりの出展上限を15シーズまでとし、
可能な限り多くの大学等機関の出展を可能とします。

大学等シーズ展示の数が増えます

展示シーズ数は400から500に
可能な限り多くの大学等機関の研究者の皆様と参加企業との産学マッチングの場として継続するため、
オンライン上での技術シーズ展示数を400から最大500程度に拡大します。

希望者全員プレゼン動画掲載可能!来場者の誘導も強化!

希望者全員研究者プレゼンに参加できます!
従来の研究者ピッチプレゼンに変えて、研究者自ら行うプレゼン動画(5分以内)を各シーズの紹介ページにアップロードいただけます。動画のキーワード検索機能や動画一覧ページなどを新たに加え、来場者の各シーズページへの訪問を促します。

出展者から参加者へPRができます

閲覧者による訪問に加え、出展者から参加者へPRも
カテゴライズされた参加者へシーズ閲覧の勧誘メールができるなど、
いくつかの方法で出展者から参加者へPRできます。
オンライン貴名受けシステムを実装し技術シーズに興味のある参加者の情報が取得可能に!

出展分野名を変更&SDGs選択数増

出展分野名を変更&SDGs選択数増
時勢に合わせ一部分野を統合、名称変更しました。
SDGsはこれまで1つだった関連マークを3つまで選択・表示可能とし、
閲覧者の裾野を拡げます。
新しくなったイノベーション・ジャパン2022~大学見本市&ビジネスマッチング~Onlineの出展案内はこちら