代表事業プロモーター
木場 祥介
(代表取締役パートナー)
豊田通商㈱(途中、トヨタ自動車㈱第二材料技術部への出向を含む)を経て、2012年に㈱産業革新機構に入社。素材・化学チームを立ち上げ、当該分野のベンチャー投資をリード。2016年4月よりUMIに参画し、パートナーに就任。早稲田大学大学院理工学研究科、東京農工大学大学院生物システム応用科学府修了。博士(工学)。
事業プロモーター
山本 洋介(執行役員パートナー)
吉田 まほろ(プリンシパル)
葉山 陽太(プリンシパル)
対象分野詳細
ライフサイエンス全般
環境・エネルギー全般
情報通信全般
ナノテクノロジー・材料全般
アグリカルチャー全般
特に素材・化学産業に資するものが対象
出資母体
独立系
会社概要
〒104-0045
東京都中央区築地1-12-22 コンワビル4階
TEL
03-5148-5241
E-MAIL
mail
WEB SITE
http://www.umi.co.jp/

優れた素材・化学企業の育成を通して、日本の技術力を強化し、
世界に通用する産業構造を醸成する

基本方針
ユニバーサル マテリアルズ インキュベーター株式会社(UMI)は2015年10月に設立された素材・化学産業に特化したベンチャーキャピタルです。
①素材・化学産業における新事業創出プラットフォームの確立、②日本の次世代有望素材・化学分野シーズの発掘&産業界連動型の事業化支援を事業目的としています。これらの目的を果たすため、大学、研究機関等~ベンチャー企業~大企業間を有機的に繋ぐ役割を担っていきます。
事業育成戦略
素材・化学産業における新事業創出の知見に基づき、①事業ステージの定義に基づくR&Dステージの完遂、②適切なリスクマネー供給、③積極的な大企業連携、④徹底したハンズオン経営支援の実施という4つのポイントに基づき、当分野における事業育成、ベンチャー投資をいたします。短視眼的な流行や、リニアモデル(改善の延長にあるような技術)に捉われず、普遍的な特性を持ち、10年後に素材・化学産業が新規事業として取り組めるようなテーマを重点的に取り上げます。そして、経営人材の推薦・配置、事業計画の策定を共に行い、企業としての運営体制の構築を徹底的なハンズオンで支援します。
我々の強み
  • 日本の素材・化学分野を中心とする180社以上との企業ネットワークを構築しており、素材・化学分野に関して幅広く(医療、農業等を含む)カバー
  • 投資前よりUMIのネットワークを用い、協業・連携先およびEXIT先としての事業会社を想定し、事業化推進を支援
  • 経営人材の推薦・配置、事業計画の策定を共に行い、企業としての運営体制の構築を徹底的なハンズオンで支援
主な実績
  • つばめBHB 株式会社:東京工業大学大学発ベンチャーとして科学技術振興機構の支援の下、味の素㈱と2017年4月に設立。会社設立から体制構築まですべてを担う。
    また、下記ベンチャーについても、取締役等を派遣し、経営に参画し、ハンズオン支援を実行。
  • 五稜化薬株式会社:研究用機能性蛍光プローブの製造・販売、受託合成および機能性蛍光プローブによるがんの外科手術向けナビゲーションドラッグの開発を行う北海道大学、東京大学発ベンチャー。
  • JITSUBO 株式会社:高品質なペプチド原薬を安価で製造できるMolecular HivingTM法を用いた創薬研究開発を行う東京農工大学発ベンチャー
  • SoPros株式会社:DHA(ドコサヘキサエン酸)・DPA(ドコサペンタエン酸)を産生する微細藻類の開発を行う筑波大学発ベンチャー。
  • ティエムファクトリ株式会社:世界初の透明断熱エアロゲルの開発・事業化を目指す京都大学発ベンチャー。
pagetop