社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型

DEMO DAY 2020

Demo Day 2020 参加申し込み

SCORE

(イベント終了)

2020年度社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型のDemo Dayを開催します。

Demo Dayでは、大学・研究機関に所属する研究者と事業化プロデューサーが組んだ19のチームが、
それぞれの技術シーズをもとにしたベンチャー事業構想を発表します。
オンラインでご覧いただけますので、ぜひご参加ください。

開催日時
2021年2月11日(木・祝)13:00~17:15
開催形式
Zoomウェビナー(URLはお申し込み後にご案内します。)
参加費
無料(事前申し込みが必要です。)
申し込み締切
2021年2月9日(火)17:00

Demo Day 2020 参加申し込み

SCOREとは

大学等の優れた技術シーズを基にした成長ポテンシャルの高い大学等発ベンチャーの創出を促進するためのプログラムです。アクセラレーターによる研修やメンタリングで起業に有益な知識を実践的に学習し、自らの技術シーズを基に試作品やデータ等を準備して、想定顧客等の評価を受けます。その結果や社会ニーズを研究開発にフィードバックさせることを繰り返して、想定ビジネスモデル仮説を現実化、高度化させることにより、実践的能力の向上やネットワーク形成を進め、次の事業化ステージにつなげていきます。

SCORE チーム推進型 事業概要

プログラムオフィサーよりみなさまへ

宮下敬宏

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
インタラクション科学研究所 所長

SCOREは、大学等に所属する研究代表者と事業化を推し進める事業化プロデューサーのチームによる、技術ベースの新事業創出加速プログラムです。各チームは、これまで研究してきた技術シーズを見つめ直し、本当に必要とされている価値と、必要としている人を、ユーザ候補等へのヒアリングから導き、ビジネスモデルを練り上げてきました。まずは各チームのビジネスピッチをお聴き下さい。そのあとは、ぜひ発表者やチームのメンバーと(オンラインで)議論してみてください。SCORE全チームの熱量と、ユニークな技術が創り出す素晴らしい未来を感じていただければ幸いです。

プログラム

12:30 開場・受付開始
13:00 開会
挨拶
  *株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
   インタラクション科学研究所 所長
   SCORE チーム推進型 プログラムオフィサー 宮下 敬宏
  *文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課
   課長 斉藤 卓也
2020年度SCOREの振り返り
13:20 ピッチ①~④
14:00 休憩
14:05 ピッチ⑤~⑧
14:45 休憩
14:50 NEDO事業説明
15:05 ピッチ⑨~⑫
15:45 休憩
15:50 ピッチ⑬~⑮
16:20 休憩
16:25 ピッチ⑯~⑲
17:05 閉会挨拶
  国立研究開発法人科学技術振興機構 理事 後藤 吉正
17:15 閉会

発表チーム

全チームの事業構想をまとめてダウンロード

事業構想(全チーム分)

発表タイトルは当日変更される場合があります。

13:20 ~ 14:00

  • ①磁界バイアス方式による高精度脳機能ダイナミクス計測技術の事業化検証

    広島市立大学 大学院情報科学研究科 教授 樋脇 治

    研究代表者
    樋脇 治

    事業構想

    連絡先hiwaki[at]hiroshima-cu.ac.jp([at]を@に変更してください。)

  • ②皮弁移植後の血流監視技術の事業化検証

    広島大学 学術・社会連携室 共同研究講座講師 松浦 康之

    研究代表者
    松浦 康之

    事業構想

    連絡先yasuyuki.matsuura[at]gmail.com([at]を@に変更してください。)

    ホームページひろしまバイオデザイン

  • ③痛くない自動採血/注射システム ‐小児・新生児医療を端緒として‐

    関西大学 システム理工学部 教授 青柳 誠司

    研究代表者
    青柳 誠司

    事業構想

    連絡先aoyagi[at]kansai-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ関西大学ロボット・マイクロシステム研究室

  • ④小児に対する手指欠損用筋電・能動義手の事業化検証

    国立成育医療研究センター 臓器・運動器病態外科部 診療部長 高木 岳彦

    研究代表者
    高木 岳彦

    事業化プロデューサー
    矢吹 佳子

    事業構想

    連絡先takagi-t[at]ncchd.go.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ国立成育医療研究センター臓器・運動器病態外科部整形外科

14:05 ~ 14:45

  • ⑤動物実験ゼロで医薬品・サプリ開発を可能とする疑似臓器(“ミニ腸”)

    国立成育医療研究センター 研究所 部長 阿久津 英憲

    研究代表者
    阿久津 英憲

    事業化プロデューサー
    阿部 浩之

    事業構想

    連絡先akutsu-h[at]ncchd.go.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ国立成育医療研究センター研究所・再生医療センター

  • ⑥三次元培養技術で実現する抗がん剤感受性検査 ~すべてのペットに最適ながん治療を~

    東京農工大学 大学院農学研究院 特任講師 臼井 達哉

    研究代表者
    臼井 達哉

    事業化プロデューサー
    山本 晴

    事業構想

    連絡先fu7085[at]go.tuat.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ東京農工大学獣医薬理学研究室

  • ⑦将来出現するウイルス感染病に高速に対応するためのワクチン候補

    東京農工大学 大学院工学研究院 教授 黒田 裕

    研究代表者
    黒田 裕

    事業構想

    連絡先ykuroda[at]cc.tuat.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ黒田研究室HP

  • ⑧免疫組織化学的バイオマーカーによる子宮間葉性腫瘍の予後予測法の技術の事業化検証

    国立病院機構京都医療センター 臨床研究センター 研究室長 林 琢磨

    研究代表者
    林 琢磨

    事業構想

    連絡先 国立病院機構京都医療センター 075-641-9161 
    nho.kmc.rc[at]hotmail.com.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ国立病院機構京都医療センター 臨床研究センター 展開医療研究部 がん医療研究室
    takumah_note

15:05 ~ 15:45

  • ⑨枝肉形質のAI予測サービス“AIビーフ”で、次世代の畜産業を創る

    近畿大学 生物理工学部 教授 松本 和也

    研究代表者
    松本 和也

    事業化プロデューサー
    松橋 珠子

    事業構想

    連絡先kazum[at]waka.kindai.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ 肉用牛の枝肉形質のAI予測サービスのご紹介動画
    農家対象  行政対象  企業対象

  • ⑩品種・産地のブランド価値をDNA情報で守り・育む

    東北大学 大学院農学研究科 助教 松尾 歩

    事業化プロデューサー
    岡野 邦宏

    事業構想

    連絡先ayumi.matsuo.b2[at]tohoku.ac.jp([at]を@に変更してください。)

  • ⑪廃牛乳からイチゴができる濃縮液肥の新世界

    九州大学 大学院農学研究院 教授 矢部 光保

    研究代表者
    矢部 光保

    事業構想

    連絡先yabe[at]agr.kyushu-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

  • ⑫微細藻類活性化剤Algae Power(アルジ パワー)販売の事業化検証

    崇城大学 生物生命学部 教授 宮坂 均

    研究代表者
    宮坂 均

    事業化プロデューサー
    中畑 敏哉

    事業構想

    連絡先g1842042[at]m.sojo-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ応用生命科学科・細胞工学講座

15:50 ~ 16:20

  • ⑬Anywhere Drone SHOW(どこでもドローンショー)

    北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 准教授 HO, Anh Van

    研究代表者
    HO, Anh Van

    事業構想

    連絡先van-ho[at]jaist.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページHO研究室

  • ⑭鋳物づくりを“いいもの”に ‐注湯作業の定量評価サービス‐

    山梨大学 大学院総合研究部 教授 野田 善之

    研究代表者
    野田 善之

    事業構想

    連絡先noday[at]yamanashi.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ山梨大学工学部機械工学科動的システムデザイン研究室

  • ⑮人の関心をより引きつける話し方が身に付くバーチャル・リアリティ技術の事業化検証

    九州大学 大学院芸術工学研究院 助教 冬野 美晴

    事業構想

    連絡先start-score[at]jst.go.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページシーズ紹介ウェブサイト

16:25 ~ 17:05

  • ⑯レアメタルリサイクルの技術革新で地産地消を実現して地球環境を守る

    日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター 研究主幹 永野 哲志

    研究代表者
    永野 哲志

    事業化プロデューサー
    長縄 弘親

    事業構想

    連絡先naganawa.hirochika[at]jaea.go.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページJAEAチャンネルProjectJAEA「新しい放射性廃液処理技術~エマルションフロー法でのウラン除去~」

  • ⑰エンターテインメント性を持たせマイナースポーツをメジャーに

    名古屋大学 未来材料・システム研究所 助教 松永 正広

    研究代表者
    松永 正広

    事業構想

    連絡先matsunaga.masahiro[at]i.mbox.nagoya-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

  • ⑱光技術で静電気事故を防ぐ

    大阪府立大学 工学研究科 准教授 高橋 和

    研究代表者
    高橋 和

    事業化プロデューサー
    潮 尚之

    事業構想

    連絡先y-takahashi[at]pe.osakafu-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    ホームページ代表者研究室ホームページ

  • ⑲ナノ光学フィルムによるコロナウイルスの“見える化”

    大阪府立大学 大学院工学研究科 准教授 遠藤 達郎

    研究代表者
    遠藤 達郎

    事業化プロデューサー
    赤木 与志郎

    事業化プロデューサー
    山田 大空

    事業化プロデューサー
    川崎 大輝

    事業構想

    連絡先endo[at]chem.osakafu-u.ac.jp([at]を@に変更してください。)

お申し込み・お問い合わせ

以下のフォームよりお申し込みください。

Demo Day 2020 参加申し込み

申し込み締切:2月9日(火)17:00

注意事項

  • ※ お申し込み後、 ZoomウェビナーのURLをメールでお知らせいたします。URLの二次配布はご遠慮ください。
  • ※ イベントの撮影や録音、録画はご遠慮ください。
  • ※ 視聴環境は各自でご用意ください。視聴環境の整備および通信にかかる費用の負担はいたしかねます。

お問い合わせ

国立研究開発法人科学技術振興機構
産学連携展開部 START事業グループ
start-score”AT”jst.go.jp(※“AT”部分を“@”に変えてください)
※お問い合わせは電子メールでお願いします。
※内容によっては回答に時間を要する場合がありますのでご了承ください。

pagetop