出展内容

「みんなが大人になる10年後のくらしはどう変わる?」
最新の様々な技術が描かれたカードを使って、君だけの「未来」を「ソウゾウ」(想像・創造)しよう!「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」は、SIPの技術から未来のくらしを考えるワークショップ(WS)を出展します。当プログラムで研究開発された、技術が描かれたカードを使って、未来のまちを描きましょう。様々な技術を組み合わせる‘’発明‘’にもチャレンジできます。また、最終年度として、今までの研究成果も展示する予定です。日本発の技術でみんなの生活を豊かに。SIPのブースへのご来場をお待ちしております。
【「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」とは】
科学技術イノベーションを実現するために創設された新しいプログラムです。総合科学技術・イノベーション会議が司令塔機能を発揮し、府省・分野を超えたマネジメントをしています。全11課題、エンジンや自動走行システムに関する技術から、ものづくり技術、防災・インフラ、農業技術、新たな材料、水素社会の実現など、日本の経済・産業力の発達に役立つ研究開発を、基礎研究から出口(実用化・事業化、社会実装)までを見据え、規制・制度改革や特区制度の活用等も視野に入れて推進しています。

出展者 内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
開催日 11月10日(土)、11日(日) 終日
会場 4階 テレコムアリーナ
形式 ブース
URL http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/
備考  

開催報告

開催報告

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、内閣府が推進する研究開発プログラムです。本年は、JSTが管理法人をつとめる「レジリエントな防災・減災機能の強化」が出展し、研究開発の成果を紹介しました。また、SIP11課題で研究開発された技術について、JST SIP広報が特別ワークショップ(WS)を実施しました。
「レジリエントな防災・減災機能の強化」は、短時間で詳細な観測が可能な新しい気象レーダー「MP-PAWR(エムピーパー)」の模型を展示し、「SIP防災が創る2020年の安全・安心な社会」として、当課題で開発された技術を実装した未来の街をポスターで紹介しました。
WS「ソウゾウ(創造・想像)しよう! 10年後のまち ~技術で輝く未来のくらし~」では、当プログラムで研究開発された技術が描かれたカードを使い、10年後の未来を思い浮かべ作品を制作いただきました。幼児から高齢者まで幅広い年代の方にご参加いただき、様々な技術を組み合わせたユニークな発明も誕生しました。
WS・展示ともに来場者の方との深い議論を通して、SIPの成果を知っていただく機会となりました。SIPでは今後も、研究開発された技術を活かした社会の実現を目指し、情報発信につとめて参ります。
なお皆さんに発明いただいた作品は、HPやFacebook上の公開を予定しております。詳細が決まりましたらお知らせしますので、ぜひご覧ください。
HP:http://www.jst.go.jp/sip/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/SIPJST/

プログラム一覧ページに戻る

印刷する

次の情報もCheck!